2017年 03月 30日
小児科にて「春ゴブリン」づくり(1/30)
f0089854_19192913.jpg

本日は筑波大学附属病院小児科にて春ゴブリンワークショップを実施しました。

「春のゴブリンをつくるよ。桜の花びらなんてどう?」
と声をかけながら、カラー粘土を使って制作。
桜の他に、チューリップのゴブリン、うめぼし(?)のゴブリンなどが生まれました。
つくるだけでなく、春のものって何だろう?と考え合えた時間は、また良かったのではないかと思います。

(写真の作品は一緒に僕がつくったものです。)


いよいよ木々の花も咲きはじめているよう。
水戸の茨城県立こども病院でつくった「つぼみゴブリン」は「花ゴブリン」になっている頃かな?
[PR]

by konakadaichi | 2017-03-30 19:19 | Comments(0)


<< ふわりの森と、校長先生      小児科にて「じゃばらゴブリン」... >>