2017年 05月 30日
「あふれる気持ちゴブリンをつくろう!」を実施(5/23)
f0089854_18263548.jpg

先日(5/23)、筑波メディカルセンター病院にて職員さん対象に「あふれる気持ちゴブリンをつくろう!」という企画を実施しました。
「あふれるカフェ」という、筑波大芸術(学生チーム「パプリカ」など)の学生・教員と病院職員との交流イベントの中で、芸術に親しんでもらうことや、交流のきっかけとなることを目的にして実施しました。
気持ちゴブリンづくりは、昨年、筑波大学附属病院で実施したものと同じ内容です。
ハート型より気持ちゴブリンをつくり、気持ちカードを添えます。
 
今回は、学生と職員さんが一緒に手を動かしながらコラボレーションしてつくるという光景が目立っていた印象。
職員さんより「学生さんと一緒につくると、うまくできなくてもカバーしてくれるので安心する。」という声もありました。
大学新入生が、短い時間の中で自然にふるまえるようになっていく様子も見ることができました。
 
 
今回、たくさんの気持ちゴブリンが誕生したので、せっかくだから患者さん向けに展示したりと少し発展させられたらいいなと考えています。
「病院にあつまる気持ちを表現する」という、附属病院で実施したときの経緯を忘れないようにして。

f0089854_18262020.jpg
f0089854_1826289.jpg

[PR]

by konakadaichi | 2017-05-30 18:29 | Comments(0)


<< 筑波メディカルセンター病院にて...      ふわりの森と、校長先生 >>