2017年 07月 13日
「第21回日本顔学会大会(フォーラム顔学2016)」にて『原島賞』を受賞しました(2016年11月)
f0089854_22372540.jpg
f0089854_22373617.jpg

昨年度の受賞についてのご報告です。
 
日本顔学会とは、「顔」に関連した研究を行う多分野の人々で構成された学会です。
その学会の研究発表の場としての学術大会「第21回日本顔学会大会(フォーラム顔学2016)」にて、過去のゴブリン制作活動に関する展示と短い発表、それと簡単な造形ワークショップを行いました。
「顔」がついていることはゴブリン作品の造形面では重要な点なので、顔に関する知識を持つ多分野の方々に知ってもらうことには意味があるのではないか考え、発表の意思を持ちました。
 
([演題名]事物に顔をつける参加型アート「ゴブリンワークショップ」の実施と「ゴブリンプロジェクト」による作品の展示 /[発表形式]実演デモまたは展示 /[開催日]2016年11月19.20日 /[場所]東京藝術大学 )
 
 
すると二日間の大会が終わるタイミングでの受賞者発表の場にて、原島博先生(元会長、東京大学名誉教授)の選出する『原島賞』に、僕の発表が選ばれたというアナウンスがありました。
驚きと緊張の中でステージに登り、原島先生から賞状を受け取りました。
(賞はもう一つ、現会長の輿水大和先生選出による『輿水賞』というものもありました。)
 
原島先生からは選出理由として「様々な場所で、子どもから高齢者まで多世代を対象にして活動している点、またそれらの活動による作品が「顔」の造形を持つことがポイントとなり成立している点を評価した。顔学研究として新たな視点である。」というようなコメントを壇上からいただきました。
 
・・・・・
 
これまで長くゴブリン制作活動を続けてきましたが、活動自体に対する賞をいただくことは初めてで、とても嬉しく思いました。
また同時に、これまでともにゴブリン制作活動を展開してきた各地・各施設の方々や一般参加者の方々に対しての、活動を受け入れて協力してくれたことへの感謝の気持ち、喜びを分かち合いたい気持ち、同じかたちでは二度と訪れないあの数々の瞬間に対しての懐かしさや寂しさなど、様々な感情に心が高ぶりしました。
また活動のきっかけから、その後も多くのサポートや活動機会をいただいている筑波大学関係者のみなさま、後輩のみんなへのご恩についても、改めて感じました。
 
この受賞をまた励みにし、これからも頑張っていきます。
大変遅れてのご報告となってしまい、関係者の皆さま申し訳ありませんでした。
この記事の投稿では過去の活動関係者へ伝えきることできませんので、これから再会できた場でか、突然のお電話か、また何か別の手段でお伝えしたいと考えています。
 
・・・・・
 
今は夜。外のベンチで風に吹かれ、背中を押してもらっているような気持ちの中、この記事を書いています。
暑い夏がはじまっていますが、夜風は冷たく気持ちいいです。

f0089854_22375122.jpg

[PR]

by konakadaichi | 2017-07-13 22:43 | Comments(0)


<< 小児科入院病棟にて「海賊船ゴブ...      星ゴブリンづくりを実施しました... >>