2017年 08月 04日
小児科入院病棟にて「海賊船ゴブリン」づくり(8/3、筑波大学附属病院)

f0089854_07173477.jpg

小児科入院病棟にて「海賊船ゴブリン」づくりを行いました。(8/3、筑波大学附属病院)
今回の制作でできた作品は、来週エリア内で行う夏まつりの企画「海賊船めぐり」の会場装飾に使うという目的がありました。ですので、テーマを「海賊船ゴブリン」とし、「空ビン」「碇」「金貨」「双眼鏡」のゴブリンと「窓の外の海の景色」をつくりました。
保育士さんにサポートしてもらいながら、お子さんや保護者の方に目的を伝えて制作していただきました。

小学生のちょっと年上のお姉さん達は器用!すごいスピードでたくさんの作品をつくり上げてくれました。
再会できた子は、とてもカラフルな碇ゴブリンをつくり、お医者さん達も拍手!
保護者の方々も、いつもよりもたくさんの作品数をつくってくれた印象。
目的を持つことで、活動に張りがでたのかな。
1時間程度の制作時間でしたが、さいごに数えると、この日できた作品は「35体」ほどに!!
(参加できなかった子のために、空ビンと金貨ゴブリンの材料を保育士さんに託していきました。)

来週の夏まつりが楽しみです!


[PR]

by konakadaichi | 2017-08-04 07:26 | Comments(0)


<< 小児入院病棟にて「夏ゴブリン」...      「第21回日本顔学会大会(フォ... >>