2017年 08月 17日
小児入院病棟にて「夏ゴブリン」づくりを実施(8/17,筑波大学附属病院)

f0089854_21164830.jpg

今日は筑波大学附属病院小児入院病棟にて「夏ゴブリン」づくりを実施しました(8/17)。
今年3月末に実施した「春ゴブリン」に続いての季節シリーズで、何をつくるかも考えてもらう想定で行いました。

複数人の部屋に行き、まずは僕の思いつきから「枝豆ゴブリン」をみんなでつくり、その流れで「ぶどうゴブリン」「スイカゴブリン」「かき氷ゴブリン」を制作!年上の子はリアルな「かき氷」も表現していました!
小さな子のお父さんも参加してくれて、制作に会話にと盛り上がったと思います。お父さんがたまたまつくったムラサキ色から皆で連想して「ぶどうゴブリン」をつくったり。

今日は久々に雨が降っておらず気温もやや上がっていたので、「夏ゴブリン」づくりにはちょうど良かったのかな。
まだ8月の中くらい! 僕もこの夏の目標に向き合い、頑張るよ。

(写真は僕のつくった「枝豆ゴブリン」です。たまたまたれ目。)


[PR]

by konakadaichi | 2017-08-17 21:27 | Comments(0)


<< 気仙沼での活動(2016夏)のあと      小児科入院病棟にて「海賊船ゴブ... >>