2017年 08月 31日
小児科ゴブリンワークショップから、新アイデアざくざく!(8/31)

f0089854_23110186.jpg

今日は夕方、筑波大学附属病院小児入院病棟に行き、プレイルームにて「紙コップゴブリン」づくりを実施してきました(8/31)。
短い時間でしたが、多くのご家族に参加していただきました!
 
毛糸でストラップをつけるアイデア(写真)を提示したら、
「つくってみてもいい?」「もちろん!」のやりとりの後、
ある子は糸電話をつくりあげました!
毛糸をピンと張ると…、「聞こえた!」って!
 

ある子のお母さんは、お子さんのつくった複数の作品を一本の毛糸に順番に結びつけました!
取手の、つるし雛を思い出しました。
 
オレンジ色の紙コップからは、早くもハロウィン的な表現も生まれていました!
 
シールをコップの内側に貼りまくるという表現も!
 
 
何度も行ってきた「紙コップゴブリン」づくりの中に、目新しいアイデアがたくさん生まれた本日、
小児入院病棟からは、数多くの「イノベーション」を感じましたよー!!


[PR]

by konakadaichi | 2017-08-31 23:18 | Comments(0)


<< 小児病棟にて「誕生日ゴブリン」...      気仙沼での活動(2016夏)のあと >>