カテゴリ:未分類( 146 )

2017年 04月 07日
ふわりの森と、校長先生
f0089854_1539329.jpg

千葉県栄町にて、アーティスト シムラユウスケさんと一緒に、酒直小学校の校長先生に支えてもらいながら制作活動を行ったのは、2014年夏のこと。ふわりの森 国際アーティスト・イン・レジデンスのキックオフの時期でした。
その年で閉校してしまう酒直小学校を舞台に、体育倉庫ゴブリン、馬跳びタイヤゴブリンなどを制作しました。

そして今日(2017/4/7)、シムラさんのfacebook記事より、当時の校長先生のことを思い出しました。

日が暮れてしまい、後輩に懐中電灯で照らしてもらいながらタイヤゴブリンの下ごしらえをしているときも、遅い時間まで見守ってくれました。絵の具でべっとり汚れた手を見て、お湯を使わせていただいたり。プロジェクトを支えていただいた、あたたかな方でした。


ふわりの森も3年目です。
そのとき手伝ってくれた大学1年生たちも、新4年生です!

(写真は2014年夏のイベント時のもの)
[PR]

by konakadaichi | 2017-04-07 15:46 | Comments(0)
2017年 03月 30日
小児科にて「春ゴブリン」づくり(1/30)
f0089854_19192913.jpg

本日は筑波大学附属病院小児科にて春ゴブリンワークショップを実施しました。

「春のゴブリンをつくるよ。桜の花びらなんてどう?」
と声をかけながら、カラー粘土を使って制作。
桜の他に、チューリップのゴブリン、うめぼし(?)のゴブリンなどが生まれました。
つくるだけでなく、春のものって何だろう?と考え合えた時間は、また良かったのではないかと思います。

(写真の作品は一緒に僕がつくったものです。)


いよいよ木々の花も咲きはじめているよう。
水戸の茨城県立こども病院でつくった「つぼみゴブリン」は「花ゴブリン」になっている頃かな?
[PR]

by konakadaichi | 2017-03-30 19:19 | Comments(0)
2017年 03月 23日
小児科にて「じゃばらゴブリン」づくり(3/23_筑波大学附属病院)
f0089854_19121828.jpg

今日は小児科ゴブリンワークショップの日。
筑波大学附属病院小児科の、入院エリアのプレイルームにて「じゃばらゴブリン」を題材として実施しました。

参加してくれた子どもは1名でしたが、時間中しっかりと集中してつくってくれました。
参考作品通りにじゃばら折りをするだけでなく、羽をつけたり、2枚をつなげたりと次々と独創的な工夫がなされました。
立体的な足がついたときには、工作ごころがくすぐられてしまいました!
終了後の帰り際には向こうからハイタッチをしてくれました!

気持ちのホクホクを渡し合えたなら、嬉しいです。

(写真の作品は小中作)
[PR]

by konakadaichi | 2017-03-23 19:12 | Comments(0)
2017年 03月 12日
ゆいまつり にて、つくばゴブリンの絵に再会!(3/11)
f0089854_20215675.jpg

昨日(3/11)は、「第6回 ふるさとつくば ゆいまつり」がつくば駅前で開催されていました。
実は、このお祭りの第1回(2012年)では、ステージ背景用に大きな絵を横幕に描かせていただいたのですが、今年もその作品が活用されている様子に出会うことができました。
※制作中のブログ記事 http://konakabeya.exblog.jp/i93/

あおい空の下、つくば市にゆかりのある物のゴブリンたちは、今年も元気そうでした。
 

ゆいまつり実行委員会のみなさま、今年もおつかれさまでした。
継続は力だと思います。
[PR]

by konakadaichi | 2017-03-12 20:22 | Comments(0)
2017年 03月 10日
茨城県立こども病院「花咲く!ゴブリンで春を迎えよう!」(3/10実施)レポート1
f0089854_1712236.jpg

一昨日(3/10)に茨城県立こども病院にてワークショップ「花咲く!ゴブリンで春を迎えよう!」を実施してきました。

今回の作品は1日では出来上がらないものとしました。当日にはつぼみゴブリンまでをつくり、春になったら各々で開花させ、おはなゴブリンにしてもらうという流れです。そのために、終了後にはその旨を記したお手紙を渡しました。

場所としては、外来プレイラウンジから始まり、入院病棟内へと入り、プレイルームでの実施と並行して病室ベットサイドにも行きました。
僕たちの入りにくい場所でも実施してもらえるよう、制作キットをつくって職員さんに託すという方法からもつくってもらえていようです。
年齢や症状から自分では制作しにくい子には、保護者の方メインで参加してもらいました。
院内各所でつぼみゴブリンが生まれた1日の終わりころ、3階にはあっという間に職員さんによるディスプレイが出来上がっていました!

春になり、院内各所におはなゴブリンが咲くことが、とても楽しみです!
そこにはきっと「咲かせよう!」という会話や「咲いてるよ!」という気づきなどがあり、病院内にひとつの季節の変化を運ぶことでしょう。

 
今回は筑波大学芸術建築の貝島研究室チームとともに企画をつくり、実施しました。
彼らのサポートのもと、企画をつくるプロセスの中では看護師さん保育士さん等現場スタッフの意見を取り入れていきました。形状に関しても、イベントづくりに関しても、スタッフの皆さまからのご意見はとても参考になるものだったと感じています。

 
白川村でのスキー場ゴブリン企画から、こども病院でのつぼみ→おはなゴブリン企画とつづき、活動を通して季節の移ろいを感じる日々です、、。

f0089854_1713943.jpg
f0089854_17131721.jpg
f0089854_17132650.jpg

[PR]

by konakadaichi | 2017-03-10 17:16 | Comments(0)
2017年 02月 24日
白川郷のスキー場にてゴブリンプロジェクトを実施しました!(2/18土曜)
f0089854_1736569.jpg

先週末(2/18土曜)に、岐阜県白川郷の施設、白川郷平瀬温泉白弓スキー場にて「白川郷ふるさとカルタ学 第6講座 白川郷の雪景色にゴブリン発見!〜白弓ゴブリンスキー場〜」を実施しました。
白川での活動は、2015年夏に続き二度目です。
また今回は村内の子ども達や大人の方々の他に、交流プログラムによって沖縄県読谷村の子ども達にも参加していただくことができました!
 
写真の大きなスキー場ゴブリン、手前の雪像ゴブリンの他にも、室内で合掌造りの材料となるネソという材によるネソゴブリンづくりなども実施しました。
内容詳細については近日レポートします。
 
また白弓スキー場の拠点建物ロビーでは、過去ゴブリンプロジェクトの記録写真や実物作品の展示をしていたのですが、今シーズンの終了日(3/5日曜)までそのまま展示しておくこととなりました。
 
 
今回も準備から実施まで白川村役場の皆さまには大変お世話になりました。
また参加していただいた子ども達や大人の方々皆が協力してくれたおかげで企画が成立しました。
関わっていただいた皆さま、本当にありがとうございました。
 
黒目がピタッと決まったと思った瞬間に、まわりの皆から「ここで!」って声が出た瞬間の気持ち良さは忘れられません。
けして独特ではない普遍的な“何か”を、その瞬間皆で共有できたなら、そんな嬉しいことはありません。
これから記録写真を活用し、《白弓スキー場PR大作戦》を実行していけたらと思います!!
[PR]

by konakadaichi | 2017-02-24 17:31 | Comments(0)
2016年 12月 19日
「ゆいぬ」と、筑波大学「結」プロジェクトのこと
f0089854_18265192.jpg

昨日(12/19)の嬉しい出会い。
つくばエクスプレスの中で偶然、筑波大学「結」プロジェクトのメンバーとお会いすることができました。

筑波大学発人工衛星の開発を進めるこのプロジェクトと関わったのは2013年より。
当時、プロジェクト応援キャラクターの公募があり、僕の制作した「ゆいぬ」を選出していただきました。

2014年の1号機ITF-1打ち上げ後には、2号機ITF-2の開発が進められ、今月ついに「こうのとり」6号機によってITF-2が宇宙に運ばれたとのこと。
この熱い時期に「結」プロジェクトのメンバーにお会いできて光栄でした!

公式サイトでも、ゆいぬは今も元気に走り回っています!!
ご興味がある方は是非今後も活動を追ってみてください。

筑波大学「結」プロジェクト
■ 公式サイト http://yui.kz.tsukuba.ac.jp/
■ facebookページ https://www.facebook.com/tsukuba.yui.project/
■ twitterページ https://twitter.com/yui_tsukuba


(↓この画像は公式twitterページより転載させていただきました。研究室には、ぬいぐるみとなったゆいぬがいるのですね。)
f0089854_21102655.jpg
f0089854_18272838.jpg

[PR]

by konakadaichi | 2016-12-19 18:42 | Comments(0)
2016年 12月 15日
気持ちゴブリン、増えてます! (12/15)
f0089854_154276.jpg

筑波大学附属病院1階ロビーでは、展覧会に関連した企画として、いつでも「気持ちゴブリン」がつくれます。
思ってた以上に意図が伝わっているようで、立ち寄る度に新たな気持ちゴブリンが増えています。
無人でも成立しているのは、見守ってくださっている病院職員さんや病院ボランティアの皆さまのおかげです。
みんなと一緒に生みだす場も、みんなと一緒につくっていることを感じます。
 
そして壁面が飽和したら、展示壁面の方へと気持ちゴブリン達を移動させています。
 
先日のクリスマスコンサートでは、背景の中でも生きていました!
 
管理をするために病院に立ち寄るとき、患者さんや職員さんとお話しをする時間がよくあります。
そのとき僕は、7年前のこの病院での滞在制作を思い出します。
感じる嬉しさは、変わっていません。原点のひとつを思い返せる貴重な活動となっています。
 
※ ↓ 期間が少し延びました!
===========
展覧会名:ゴブリンプロジェクト展~みんなと一緒に生みだすアート~
期間:2016年11月11日(金)~12月27日(火)
場所:筑波大学附属病院 A棟(外来棟)1~3階廊下 他
===========

f0089854_1543545.jpg
f0089854_159213.jpg
f0089854_1535118.jpg
f0089854_1533147.jpg
f0089854_154878.jpg
f0089854_15204589.jpg
f0089854_1535876.jpg
f0089854_1534190.jpg

[PR]

by konakadaichi | 2016-12-15 15:37 | Comments(0)
2016年 12月 06日
夕暮れ・グラデーション(12/6)
f0089854_178173.jpg

ふいに廊下の窓から見えて、引き寄せられました。
[PR]

by konakadaichi | 2016-12-06 17:12 | Comments(0)
2016年 12月 05日
「第4回つくばcinemaカフェ」にトークゲストとして参加しました(11/27)
f0089854_1338452.jpg

先日(11/27・日曜)、つくば市内(にれ工房)で開催された「第4回つくばcinemaカフェ」というイベントにトークゲストとして参加してきました。
このイベントは、大学の友人で映像作品をつくっている飯塚貴士くんの映像作品を中心に上映するというもので、もう4年目だそうです。
その中で飯塚くんにゆかりのある人をゲストとして招いて作品等についてトークをするという時間があり、今回は僕が参加するということになりました。

飯塚くん、またフリーアナウンサーの木村さおりさんと3人でお話しをしたのですが、時間を忘れそうなほど楽しくお話しができました。
つくばをルーツに持つ僕たちの共通点についての話しや、僕の活動を分析するためのヒントをつかめそうな話しもありました。

回を重ねる中でつくってきたと思われるあたたかい時間の中に、僕も入らせていただいたことがうれしかったです。
また、近くにいる人たちが作家を見守り支援する姿勢は、とても素敵だと思いました!
来場者のみなさま、またcinemaカフェ関係者のみなさま、ありがとうございました!

f0089854_1343987.jpg
f0089854_13513444.jpg

[PR]

by konakadaichi | 2016-12-05 13:51 | Comments(0)