カテゴリ: 出張ゴブリン研究所 in ~( 7 )

2013年 09月 24日
「あおぞらクラフトいち Autumn in 水戸」で再会した二人
f0089854_0294147.jpg

昨日9月22日は水戸にて開催された「あおぞらクラフトいち Autumn in水戸」に参加してきました。
今回はゴブリン研究所としての参加ではなく、共同アトリエ、アートスペース・テンカウントのブースにてメンバーの一人として。
ブースにて行ったワークショプ、「貝のメモリー ーとじこめてー」は大にぎわいでした。
貝に穴を開け続けました!


イベントも最後の最後、昨年の春のあおぞらクラフトいちで一度出会っていた二人の娘さんに再会しました!
前回出会ったとき、二人に勇気づけられたなぁ。
前回も、二人が持って来てくれた材料をゴブリンにしてあげたのですが、今回はこれに描いて!と、ネジ部品を二つ差し出されました。

もしかしたら、と思って道具を用意していたので、ここで少しだけ出張ゴブリン研究所を開き、二体のネジゴブリンを制作しました。
そして二人にプレゼント。


こういったことは本当に幸せなこと。
最後に再会した二人に感謝。
たった二人の存在が、今の僕の気持ちに色をつけています。

人間とは、そういうものなのかな。
[PR]

by konakadaichi | 2013-09-24 00:53 |  出張ゴブリン研究所 in ~ | Comments(0)
2012年 04月 20日
近況と、「あおぞらクラフトいち」参加のお知らせ
ごぶさたしております。
最近は、毎日テンカウントに通い、大通りを目の前に制作を続けています。
この新しい制作場所は、今のところすごくフィットしています。
ガラスの向こうには、時間帯によって様々な絵が広がります。
光や音にも変化があります。
一日を感じることができて気持ちいいです。
下のカレー屋さんがはやっているので、人もよく目の前を通ります。
入り口手前の短い階段を、子どもたちがチヨコレイトをしていたりして、なつかしい。
ガラス越しに話しかけてくれる子もいます。
「何してるの?」
今夜は大学生くらいの人たちが話しかけてくれました。
「あっスタジオか!」
ガラス越しでも、少し声は受け渡せるのです。
あおぞらの広がるお昼に、一緒に歌を歌いながらあるく親子を目にした日には、つくる気持ちも盛り上がります!


もうすぐとなりました、水戸でのイベント参加のお知らせです。
昨年秋にも参加しました茨城県水戸市で行われる催し、あおぞらクラフトいちの今月末の春の回に参加します。
『出張ゴブリン研究所(小中大地)』
という名前で参加します。
昨年秋は、暑かったなあ。
水戸に行くこと、水戸のみなさまにお会いすること、とても楽しみにしています。
水戸デザインフェスのみなさま、今回もまたお世話になります。(ドタバタしないよう、がんばります〜)
あおぞらが広がればいいな〜!

・・・開催概要(ウェブサイトより)・・・

■開催概要
名  称/「あおぞらクラフトいち Spring in 水戸」
開催日時/2012年4月29日(日)・30日(月・祝)10:00~17:00頃
     ※雨天決行
開催場所/水戸芸術館広場
     〒310-0063 茨城県水戸市五軒町1-6-8
※会場に無料駐車場はございません。水戸芸術館地下駐車場(有料),近隣の有料コインパーキング、ならびに西の谷無料駐車場(徒歩10分)をご利用ください。
開催主旨/つくり手と直接交流を持てる場の提供と水戸でのクラフトシーンの創造。
開催内容/・出店者によるクラフト商品の展示販売・各種ワークショップ
     ・カフェ&フードコーナー・DJ、アコースティックライブ
     ・ライブペインティング

あおぞらクラフトいちウェブサイト
http://www.aozora-craft-ichi.com/aozora_news.html

f0089854_041154.jpg

[PR]

by konakadaichi | 2012-04-20 00:44 |  出張ゴブリン研究所 in ~ | Comments(2)
2011年 09月 20日
ゴブリン研究所 in 水戸あおぞらクラフトいち レポート
昨日、水戸で二日間行われた「あおぞらクラフトいち」の二日目に参加しました。
水戸芸術館の原っぱの上に「出張ゴブリン研究所」を開きました。
テントを用意していなかったので太陽の光にかなりやられました。
真ん中の机で制作しながら販売しました。
f0089854_2328860.jpg
今回は、身の周りの小さなものからゴブリンを作り、ここ数年行ってこなかった「販売」を行いました。社会との関わりを持つ一つの形として、実験だと思って行いました。
f0089854_017135.jpg
f0089854_23214081.jpg
鉛筆やスーパーボール、他にも様々なもので展開しました。
お昼頃はずっと入れ替わり立ち替わり子ども達が机の前にいて、たくさんおしゃべりをしました。
f0089854_23213327.jpg
おしゃべりをしながらも、ずっと作業は続け、作品を増やしていきました。
子ども達はだんだん慣れてくるとゴブリンから膨らませた自分のイメージを僕に聞かせてくれました。
そんな言葉から、ピンポン虫歯ゴブリンが生まれました。
f0089854_23212849.jpg
コラボレーション!
作る僕も気が抜けません。
作った作品を台に並べてくれる子もいたり、いつのまにか彼らはゴブリン博士の助手となっていました。
もちろん大人の方ともたくさん話しました。
コンセプトを理解してくれて、なんと一回帰宅してヘルメットを持って来て、ここにゴブリンを!って方までいました。
f0089854_23212142.jpg
コラボレーション!
こいつがこれから風を切って走ると思うと嬉しい!
以前活動させてもらった大子町で出会った親子と再会したり、以前似顔絵を描かせてもらった人にまた出会えたりもしました!

バチバチに焼けたし、前日まで兵庫で搬入のお手伝いだったってのもあってヘトヘトになったけど、全然辛い気持ちにならなかった。お客さんからたくさん力をもらいました。
作る喜びをたくさん感じることができた一日でした。

これまでいろいろとやってみて、僕は場にとても影響を受ける作り手だということを自覚してきています。
あおぞらクラフトいちの雰囲気は青空のようにとてもおだやかで、気持ちよく活動することができました。
搬入から搬出まで、スタッフのみなさまには本当にお世話になりっぱなしでした。
MDF実行委員会のみなさま、K5のみなさま、素敵な場に参加させていただきどうもありがとうございました。
f0089854_23211174.jpg

[PR]

by konakadaichi | 2011-09-20 00:18 |  出張ゴブリン研究所 in ~ | Comments(0)
2011年 09月 14日
ゴブリン研究所が水戸に出張します
f0089854_14574223.jpg

今週の日曜日、9月18日に水戸で行われる「あおぞらクラフトいち」というイベントに参加します。

ゴブリン博士が小さなゴブリンを販売します。
ゴブリン販売はめったにやらないこと。
経済活動への挑戦です。
実験的にやってみようと思います。
何を思うだろう。
[PR]

by konakadaichi | 2011-09-14 14:57 |  出張ゴブリン研究所 in ~ | Comments(0)
2010年 06月 24日
やどかり祭_出張ゴブリン研究所レポ
f0089854_3485078.jpg
f0089854_3491593.jpg
f0089854_3503642.jpg
f0089854_3505528.jpg
f0089854_351937.jpg
f0089854_3512751.jpg
f0089854_3514899.jpg
f0089854_3525573.jpg
f0089854_3545013.jpg
f0089854_3532960.jpg
f0089854_3534648.jpg
f0089854_3542294.jpg

少し前のイベントですが、筑波大学の宿舎祭「やどかり祭」にて行った出張ゴブリン研究所の様子をレポートします。
出店のテントの中にブースをお借りしました。
この企画の基本コンセプトは、「あなたのオーダーするモノ、なんでもゴブリンにしちゃいますよー」てことで、ポストカード上にゴブリンスケッチを即興で行い販売しました。

今回もゴブリン研究室の助手のみなさまには活躍していただきました。
こんなに説明しにくい、知らなければ訳の分からない企画の呼び込み、みんながんばってもらいました。
他に記録に会計補助、企画の説明まで、ホントみんなありがとう!

最初は、比較的簡単なお題が出ていたのですが、徐々にお題の難易度は上がっていきました。
例えば、「ハイパーメディア」とか、、そこはもう博士の腕の見せ所。コミュニケーションをとりながら徐々にイメージを構築して作り上げました。
仲良しさんから、二枚でつなげて一枚になる、テーマは私たち!みたいな。
さらに、変化は止まらず、俺の服に描いてくれ、とか、電話の裏に描いてくれ、とか。
それに伴い、僕の体の熱量も上がっていき、最後の一枚を描き終えた時には、トランス状態、みんなとのかけ声の中踊っていました。

前の記事でも触れたけど、感じたことがありました。
それは自分に近いものに関心を寄せる人が多いってこと。
極論は私から感じるものをゴブリンにしてください。
このオーダーが一番多かったです。
僕にとってはそれは楽なオーダーなんです。
目の前にいる人、要素なんていくらでもある。
いくらでも感じることができる。
さらに、ポストカードではない変化形のものに描いてって要求も、なんだかこの延長線上にある気がして。
自分の身に近いもの、服とか、電話とか、そこに手を加えられるってなかなかドキドキですよね。
ポストカードに描くよりも喜んでくれているようでした。
周りの人たちも盛り上がりました。
ポストカードって媒体は安心できるんだけど、自分との距離が遠い。だからこそ近い距離に持ってくるためにお題を自分にするとか?
さらにそもそも自分の持ち物に描いてもらうってのも、何描いたところで物理的に自分との距離が近い。
そうか!自分に近いところにある表現を楽しむ人が多いのかな?
他者である僕との表現上での接近戦!
そりゃエキサイティングだ!

なんだか分からなくなってきたので、この辺で。


昨日のサッカー決勝は、雨のため今朝に延期となりました。
ということは、もう三時間後は試合中です。
ドッキドキです!
[PR]

by konakadaichi | 2010-06-24 03:52 |  出張ゴブリン研究所 in ~ | Comments(0)
2010年 05月 29日
出張ゴブリン研究所inやどかり祭レポ
f0089854_12384550.jpg

言葉と画像でどこまで伝わるか分からないけれど、
昨日体験した僕の感情の激情なんて世の中の大きなできごとと比べればアリンコよりも小さいことかもしれないけれど、僕の体の中の宇宙の中ではちょっと名のある星の誕生というか、爆発というか。。

ともかくいい経験ができました!

おしごとゴブリンでもそう、経験を重ねるごとに、確実に見えてくるものがある今はもう作家としてなかなかうれしい時期なんだろうな。これまでの出してきた経験の少なさ、この時期の発表の波、それらが因しているところなんだろうな。


最初はお客さんから要求されたモノに対してポストカードにゴブリンスケッチを描くことで答えていきました。
分かるお客さんから出てくる要求は、僕がどう答えるかを楽しもうと、もう形なんて存在しない抽象的、概念的な要求がでてきたりで、いやいやなかなか!
さらには服に描いてくれ、電話の裏に描いてくれと、飛び越えた要求も出て来て、そうれがそう、いいんです!!発見。
感覚的なところ。
ポストカードという切り離れた物質に描かれるよりも、自分の身により近いものに描かれる感覚の方がグンっと喜ばれているようでした。
これはたぶんそれだけで終わる話ではなくて、他の様々な表現にも応用の効くことだと思います。

今回も助手のみなさまには、呼び込み、撮影、受付等たくさんたくさんフォローしてもらいました。
みんなありがとう!!
僕、がんばります!!
助手のみんなにも、助手やってんだよって自慢してもらえるような、おっきな表現者になってやるぞ!!

来ていただいたお客様、応援してくれたみんな、ホントありがとうございました!
[PR]

by konakadaichi | 2010-05-29 13:02 |  出張ゴブリン研究所 in ~ | Comments(2)
2010年 05月 28日
今夜やどかり祭前夜祭で出張ゴブリン研究所出します〜
f0089854_10225429.jpg

今晩行われる筑波大学やどかり祭の前夜祭で、出張ゴブリン研究所を出します。

内容は、僕はゴブリン博士に変身。そして上写真のような、助手Tシャツのようなキャラクターのパターンをポストカード等に描いて販売するというものです。
他に、おしごとゴブリンを含む過去のゴブリン作品、その記録映像、絵本等の作品の展示を行います。

いろんな人に僕の作品を知ってもらうきっかけになってほしいです。

もちろん助手さんにも前回に引き続き参加してもらいます!今回初めての助手さんもいるので、今はダッシュで新しい助手Tシャツを作っています。
一枚一枚に1キャラ1キャラに気持ちこめちゃるけーの!

一般の方もご来場できます。
祭は明日が本祭で、そちらでは研究所は出しませんが、おもしろイベントがたくさんです!
毎度ぎりぎりの告知で申し訳ありませんが、ご興味ある方いましたらぜひぜひご来場ください。
[PR]

by konakadaichi | 2010-05-28 10:22 |  出張ゴブリン研究所 in ~ | Comments(0)