カテゴリ: イスゴブリンの旅( 2 )

2013年 09月 03日
イスゴブリンの旅 - 彫塑部屋での再会 -
先日、用があって立ち入った大学の彫塑部屋。
そこで、
「あっ!」
そこにいたのは、
イスゴブリンでした!!
イスゴブリンも「あっ!」
f0089854_1343838.jpg

イスゴブリンとは2010年10月に「RAMP TOKYO」というグループ主催のイベント、「トーキョー・ハイパー・ファクトリー」のために制作した作品です。

制作時のイスゴブリンたち。
f0089854_134345.jpg
f0089854_1341688.jpg
f0089854_1342724.jpg


その後捨てられてしまったイスゴブリン、ゴミ捨て場から救われ大学内にいるとは聞いていたけど、ここで二度目の再会!
捨てられた経緯、一度目の再開については以前の記事
http://konakabeya.exblog.jp/16931253/
をご覧ください。

ここにこんなにいたんだ!!
f0089854_1345064.jpg
f0089854_1335024.jpg


イスゴブリンたちは、僕の手から離れてからも、たくましく生きています。
彼らの存在が他者の心に少しでも映る限り、イスゴブリンたちのストーリーはいつまでも続いていくことでしょう。
f0089854_1333894.jpg

[PR]

by konakadaichi | 2013-09-03 02:18 |  イスゴブリンの旅 | Comments(0)
2011年 12月 10日
イスゴブリンの旅 - 友への気持ち -
去年参加したトーキョー・ハイパー・ファクトリーってイベント用に、イスにペイントした作品を作った。
15個くらいかな。
イベントが終わり、友人から作品の一部を会場に残していかないかという提案があった。
空き倉庫の会場。
僕はそのとき、その誘いを断った。
自分の作品の価値を大切にしなければいけないと思って。
イスは茨城に戻り、大学に置かせてもらうことになった。


それから3月の震災が起こり、被害も受けた大学は、学内の物の大きな整理を進めた。
その中で、イスゴブリンは捨てられてしまったと後で聞いた。
がっかりしたけど、しかたないと思った。

その後ちらっと、ゴミ捨て場にあった椅子ゴブリン、学生が拾って救ってくれたというような話を聞いた。
すこしもしかして?って思ったけど、本当かどうか分からなかったのであまり気にしなかった。


そして時間は過ぎて先月11月の始め、研究棟のテラスのような場所でパフォーマンス発表の打ち上げがあった。
星空が見えるその場所は、僕にとってはあまりなじみの無い場所だった。
盛り上がった会が終わり、椅子机の片付けを手伝った。
そして椅子を積んだところ!
椅子ゴブリンが一体そこにいた!
こんなところで出会うなんて!

その後、今度は喜多方に下見に行った時、LIFE!の活動のドキュメント映像を見ていたら、その中にも別の椅子ゴブリンがいた!
彫塑部屋のすみにいた!

僕の知らないところで場所を移動するゴブリン。
おもしろい!
学校の中のいろんなところにいるのかな。


そんなことを経て思う。
最初のイベント後の友達からの誘い、あれは受けるべきだったのかと。
そしたらゴブリンの旅はもっと大きくなったのかもしれない。
友人はきっと感性で感じて、提案してくれたのであろう。
それなのに断ってしまったこと、すまないことをしたと思っている。
f0089854_6371158.jpg

[PR]

by konakadaichi | 2011-12-10 06:39 |  イスゴブリンの旅 | Comments(2)