カテゴリ: ゆいまつりステージ背景画( 7 )

2014年 02月 15日
ゆいまつり横幕画の修復作業
f0089854_21342397.jpg
今日は、ゆいまつり横幕補修作業を行いました。
大学の奥、コンクリートジャングルの中で行いました。

f0089854_2121127.jpg
全体的に絵の具がはがれてかすれてたのですが、その中の黒いラインのみを絵取り、色面はかすれたままで残すというかたちとしました。
雨がかかって絵の具がにじんだりとハプニングはありましたが、なんとか制作を進めました。
でもこれはもう寒過ぎで、今日はもう途中だけど止め。
過酷な時間でした。
そんな中でも、手伝ってくださったみなさまには本当に感謝です。

下の写真はびしょびしょのところ。大変。
[PR]

by konakadaichi | 2014-02-15 21:28 |  ゆいまつりステージ背景画 | Comments(0)
2014年 02月 14日
ゆいまつりの横幕画
f0089854_23272969.jpg
ペンキ類の入った大きなプラスチックケースを開け、中のペンキを確認していました。
ペンキにハケに、紙のどんぶり。
その中に茶色の紙ぶくろ。
開けてみると、中には木炭と、でかくてまっ黒、土ぼこりの混じった練りゴム。
練りゴムの質感が、頭にあった記憶をより鮮明にしました。
2012年3月に行われた、第一回「ゆいまつり」のために描いた横幕画。
およそ本番4日前から描き始め、夜を徹し、後輩達にがっしり助けられて完成させた絵。
後輩と一緒にコンビニの横で飲んだジュースの甘さ。
大学のペデストリアンの下、駐車場の横、工事現場の向かいのコンクリート壁面にあてて描いた絵。
完成したのは夜中。
翌朝、もつれる足で会場に向かう中、公園の木々の間からステージ上の絵が見えてきました。
準備する皆の中、空を背景に、清々しくその絵はありました。


材料、画材は揃えた!
第三回目の「ゆいまつり」のために、明日は劣化してきた横幕画の修復作業を行います。
お祭り当日には、参加型のパフォーマンスを行います。
みんなでつくればそれだけ嬉しい!
そこで、制作作業や当日にお手伝いしていただける方を募集しています。
ご興味のある方は、こちらまでご連絡ください。
konakadaichi@gmail.com

第3回 ふるさとつくば ゆいまつり HP
http://www.yuimatsuri.com/
[PR]

by konakadaichi | 2014-02-14 23:18 |  ゆいまつりステージ背景画 | Comments(0)
2012年 06月 14日
“ゆいまつり展”開催中 ステージの絵が飾られています
f0089854_1840452.jpg

明日15日まで、筑波大学第三エリアA棟1階学生控室にて“ゆいまつり展”開催中です。
ふるさとつくばゆいまつりとは、今年の3月に開催された新しいお祭り。
その中で、僕はステージのバックにくる大きな絵を描きました。
当日の記録写真などとともに、その絵も展示しています。
後輩やおまつり運営メンバーにたくさん手伝ってもらい完成させた絵です。
久しぶりに広げられた絵、久しぶりに見て、なつかしかったよ。
体芸エリアのペデストリアン下で、工事現場の人たちのそばで、描き続けた三月の一週間を思い出しました。
[PR]

by konakadaichi | 2012-06-14 18:36 |  ゆいまつりステージ背景画 | Comments(0)
2012年 03月 16日
ゆいまつりのステージの絵、制作レポート
更新遅くなってしまいました。
先日11日に行われた「第1回 ふるさとつくば ゆいまつり」のステージ用の大きな絵、制作についてレポートします。


もう時間が無いよという7日からの記録です。
使用させてもらった場所の関係で、作業は全日、朝から夜22時までの間でした。
この日は絵のほうの下描きをいちから始め、昼過ぎに下描きを終え、線を入れていきました。
この時点で残り2〜3日というところだったので、残り時間を考えながら画風を探して行きました。
当初はばさばさぼやぼや描こうかと思っていましたが、分担作業になることを予想し、ラインで描くことに決めました。ゆいまつりロゴの黒が重たい感じがしていたのもあって。
午後からお手伝いに後輩が来て、少し元気がでました。
だけど、不安はとてもおおきかったです。
二日でどうなるだろうか。
一晩で乾くのだろうか。
f0089854_613041.jpg



8日は物理の学群の学生や、ゆいまつりの運営の学生、芸術の学生など、計10人弱くらいの人が来てくれて、一時はライン入れが追いつかないくらいでした。
塗る色を指示し、曖昧な場合は一緒に考えたり、任せたりしました。
この一日で、もーーーのすごく進みました。
大きなキャンバスが一日で絵に変わった気がし、その興奮はなかなか押さえられず、帰りに自転車をこぐ体は宙に浮いているようでした。
f0089854_613521.jpg
f0089854_554284.jpg
f0089854_554715.jpg



9日は、昼過ぎから夜まで用事があり、乾かす時間を考えればこの日の残りの時間で仕上げなくてはいけない状況でした。
しかし、雨が降っていたことで、祭りの一日順延が決まりました。
一日制作時間が増えたことは本当に救いでした。
ただ、そうにしろ時間がないことには変わりないので、気を抜きすぎないように気を付けました。
工事現場の駐車誘導のおじちゃんは大体僕の背中の後ろにいたので、言葉を交わすようになっていました。
そしてこの日、トイレから戻ると、、、おじちゃん写メとってるーー!!
お孫さんに見せるそうです。
f0089854_5535189.jpg



10日も雨。
そしてこの日の午前中は描いている背中の後ろで野球部員が雨天トレーニングしていました。
お昼過ぎには、四日間とも来てくれた学生が帰るとのことで、おじちゃん一緒にカメラを回しながら記念撮影。おじちゃんの指入ってる!!
野球部員と話したので、野球ボールを入れました。
午後は一人、夜の終わりの時間まで描き続けました。
その間、何人もの工事作業員の人と話しをしました。
美術の話しや社会の話し。
そして夜の終わりの時間ぴったりに仕上がりました。
そのタイミングでお昼に離れた後輩も戻ってきてくれて、二人で完成を確認し合いました。
人と共有したことで、終わりの説得力が増しました。
あとは、ステージに飾り、お祭りがはじまったところでこの絵は本当に完成します。あと一息。
f0089854_5532381.jpg
f0089854_5534786.jpg
f0089854_6425876.jpg
f0089854_5534910.jpg



そして翌日の3月11日、お祭りの開始前にステージバックパネルに絵は飾られ、お祭りがスタートしました。
空は、気持ちよく晴れていました。
オープニングでは、芸術専攻でお世話になった西川副学長に挨拶をしていただきました。
先生と後ろにある絵、嬉しかった。
市長さんもいらっしゃいました。
ゴブリン研究所の企画に向かいながら、ちらちらと出し物とともにあるステージを見ました。
ちょうど一年前の大地震発生時刻には、手を止め、席を立ち、会場にいる人たちとともに黙祷をしました。
その後、祭りは無事フィナーレを迎えました。
何日も作業場にあった絵が、会場のステージに張り付いている様子は、なんだか絵が宙に浮いているような、不思議な気持ちでした。
f0089854_751467.jpg
f0089854_5534521.jpg
f0089854_7483599.jpg



この絵には、祭りとは別の思い入れもあります。そのことは、また後日書きます。
お祭り当日の朝には、作業場をきれいに片付けました。
その直後に工事の人たちの朝礼が始まり、この制作の終わりをまた感じました。
大学に、特別な場所がまた一つできました。
手伝ってくれたみなさまに、感謝しています。(お礼を考え中。)
また、このお祭りを一緒につくってくださった運営関係者のみなさま、関わらせていただき、どうもありがとうございました。
f0089854_554470.jpg

[PR]

by konakadaichi | 2012-03-16 07:20 |  ゆいまつりステージ背景画 | Comments(0)
2012年 03月 10日
ゆいまつり、明日、日曜に延期となりました
f0089854_10172189.jpg

雨のため、今日開催予定であった、第1回ふるさとつくばゆいまつりは、一日ずれ、明日日曜日に開催予定となりました。
明日、予報では雨がふらなそうです。

ここのところは連日、朝から夜までだいたい現場に張り付き制作しています。
工事関係の方や、掃除のお仕事の方と、挨拶やお話しをするようになっています。

一日作業時間が増えて嬉しい。
今日、一日かけ仕上げます。

今は、野球部の人のかけ声と、工事の音を背中に重ねながら、制作を進めています。
[PR]

by konakadaichi | 2012-03-10 10:17 |  ゆいまつりステージ背景画 | Comments(0)
2012年 03月 07日
ゆいまつりステージ壁画の途中経過とコト・モノ募集
”ふるさとつくば ゆいまつり”のステージ背景用の絵を制作中です。途中経過です。
2m×9mのサイズ、壁への設置が大変でした。
一番下の写真が今日の作業後です。
残り制作できる日数はおよそ二日です。
できるか、できないか、いや、やるしかないのです!

あと、この絵の中には、人とゴブリンを混在させようと思っています。
そこで、つくば市にゆかりのある方に向けて、なのですが、
ゴブリンの元になる、コト・モノを募集します。
私にとってのつくばはこれ!っていう事物を教えてください。
一般的なものでも、個人的なものでも構いません。
コメント欄か、
konakadaichi◎gmail.com
(◎を@に換えてください)
までお願いします。
壁画に間に合わなければ、当日のゴブリン研究所企画のサンプル作品として描かせていただくかもしれません。
f0089854_0191028.jpg
f0089854_019851.jpg
f0089854_01961.jpg
f0089854_019213.jpg

[PR]

by konakadaichi | 2012-03-07 00:42 |  ゆいまつりステージ背景画 | Comments(0)
2012年 03月 07日
”ふるさとつくば ゆいまつり” に参加します
f0089854_0112953.png
「ふるさとつくば ゆいまつり」というお祭りに携わっています。
その本番もいよいよ間近。今週末の3月10日(土)に開催予定です。

僕はこのお祭りの中で、ステージに背景にくる横長の大きな絵を描かせていただきます。横幅9メートルですよー!
また、当日はゴブリン研究所ブースを開き、その場でお客さんからの言葉を手がかりにゴブリンを描く、という企画を行います。この即興企画はおととしに筑波大学やどかり祭で行ったものがベース。なつかしいなあ。

長くつくばに住んできた僕にとって、このお祭りの掲げる気持ちは胸にしみます。
ぜひぜひお越し下さい!


- お祭りの詳細 -

「第1回ふるさとつくば ゆいまつり」

・開催日時
2012年3月10日(土) 11:00 ~ 19:00
※予備日3月11日(日)10:00 ~ 18:00
・会場
茨城県つくば市中央公園
・主催
ふるさとつくば ゆいまつり実行委員会
・ホームページ
http://www.yuimatsuri.com/


つくばには様々なライフスタイルの人が住んでいて、人や物、情報の出入りも盛んです。
そうした人や情報の出入りに、さらに強い結びつきを創ったら、つくば市の魅力はもっともっと、増すと思うのです。

つくば市を故郷とする住民、つくば市に移り住み、第2の故郷として生活を始めた人、そしてつくば市から他の場所に活躍の場を移した人々、つくばに関わる全ての人が年に一度集うのが「ふるさとつくば ゆいまつり」です。

昔を懐かしみ、今を知り、そして共に未来を語る。
そんな「つながり」を創り出すことを目的として、つくばの新たな文化として定着するようなお祭りを目指します。

(ゆいまつりHPより)
[PR]

by konakadaichi | 2012-03-07 00:12 |  ゆいまつりステージ背景画 | Comments(0)