<   2010年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2010年 01月 29日
茗渓・筑波グランドフェスティバルまでもうすぐ!
f0089854_1165695.jpg

昨日の後半から今日の今までほとんど体を動かすことなく体調を戻すことに努めています。
ただその一方、動かない筋肉とは反対に頭の中は動く一方。
ビデオを借りて見ました。「色即ぜねれいしょん」、「かもめ食堂」。YouTubeでトップランナーのくるりの回をみました。
揺さぶられる感性。頭は表現を欲します。いい映画って画面がきれいの連続で、言葉もきれいで、空気も気持ちよくって。青春映画は胸の奥をくすぐります。体の中の青い部分がよりピュアな青に磨かれていく感じ。表現者の言葉には背中を押されます。言葉以前にその表情を見るだけで僕の表現欲もつり上がります。
なーんにもしていないが感性をより鋭くしているのかもしれません。


病院ゴブリンからきっかけをもらい、cafe discasso、女子美の冊子CROSETのインタビュー、と話しをする中で、話す中での発見がいくつもあることがおもしろいです。ぼんやりと考えていたことが言葉になることで明確になっていくような。慣れないことなので、ブレーキがきかなくなって、極端な言葉が出たり、話しが止まらなくなるとは反省です。

さて、それらのちょこっとの経験が生きるのか??今週末の土曜日は茗渓・筑波グランドフェスティバルです。
一倉宏さん、原忠信先生とのパネルディスカッションの中から何を感じることができるのか、自分が何を言葉にできるのか、少しのドキドキと大きな楽しみを感じています。
イベント詳細はこちらをご覧下さい。http://www.mtgf.net/
[PR]

by konakadaichi | 2010-01-29 01:55 | 茗渓・筑波グランドフェスティ… | Comments(0)
2010年 01月 28日
もちつもたれつ
f0089854_2591193.jpg


ここのところ、制作の材料を買いに行くのに車をだしてほしいとか、制作の手伝いしてほしいとか、いろいろお手伝いのお願いを受けます。僕は、できるだけ協力しています。

今日は熱が出て、晩ご飯を用意する気力もなかったのですが、友達が家に来て、お粥を作ってくれました。それはそれはあったかくておいしくて、風邪が吹き飛んじゃいそうなくらいでした。

だれかのためになることをしていれば、それは自分に返って来るんだね。
人は一人じゃ生きていけないんだから、これからも人を助け、また人に助けられながら生きていくんだろうな。
[PR]

by konakadaichi | 2010-01-28 02:59 | ブログイラスト | Comments(4)
2010年 01月 27日
ホンジュラスでがんばるあの娘へ
f0089854_691976.jpg


風邪をひいたようです。
鼻水を中心に風邪の諸症状が。。
夜中に目が覚め眠れませんでした。


最近は、やるよと約束していたり、やろうと思っていた、少しちいさなことを一つずつ解消していっている毎日です。

この絵は、ある友達に描くよーって言ってて、やっぱりずっと描けていなかった絵。
やっと描き、渡すことができました。
この友達の人生、なかなかおもしろい!
日本で知り合ったホンジュラスの男性と結婚し、そのままホンジュラスに移り住んじゃっています。
一子を授かり、今じゃ立派なホンジュラスの母。
そのお子さんの絵です。

自分はほんと小さなことで右往左往しているなと、この娘のことを考えると思ってしまいます。
どれだけの勇気とパワーが必要だったことか。

僕にできることはこんなことくらいだけど、少しでも力になれたらなと思うのです。

いつかまた会える日を楽しみにして。


マイリンクの中にありますが、この友達のブログはこちら〜http://perezk.exblog.jp/
[PR]

by konakadaichi | 2010-01-27 06:29 | 絵画調 | Comments(4)
2010年 01月 25日
変わってやる!って誓ったあの日から
f0089854_125474.jpg


二日間の似顔絵を終えてくたくたりんであります。
似顔絵の場所からエスカレーターを上る友達が見えたので大きく手を振ったんだけど、その友達は気付いてくれず。変わりにその上の方の女の子が手を振ってくれました。はて??と思ったんだけど、そうだそうだ!さっき似顔絵を描いた女の子だ!ちょっぴり恥ずかしくて、ちょっぴり胸がほっこりするできごとでした。


昨夜はドカンと制作の新しい方向性が見えてきた夜でした。いや、新しいというか、原点に戻るというか。。興奮しておもわず夜更かししてしまいました。
素直な制作、自分にとって自然な制作ってこれなんじゃないかって思えるものを感じたのです。素直なだけじゃ人は生きていけないってそんなこと分かってるんだけど、素直である部分がないと続かないってところはあるんじゃないかな。
今まで続けていたことを止めて別のことをするよってなったら心は楽になるだろうね。だけどそれもその瞬間だけで、また苦しくなってしまう。
今まで、苦しくなってきては変化を求める、その繰り返しだったんだけど、過去やってきたことを振り返る必要性を今になって感じています。
僕にとっての、社会にとっての最適。いいバランスの中にあるもの。
これからも模索もさくモサク、、、
こりゃこれからそうおだやかに生きれそうもありません。プスンプスン。。


人に優しくできないことがありました。疲れていたことは理由にしてはいけない。
そこに敏感すぎるのは僕の悪いところかもしれないけれど、鈍感ではありたくない。
「変わってやる!」って誓ったあの日から、僕はどれだけ変われたんだろう。
思わなければ変化なんてないし、思った瞬間からそこに変化はきっとあるって信じたい。どんなに小さな変化でも。
あれから思わぬ方向に変わってしまった自分がいて、みんなに迷惑かけちゃうこともあるんだけど、それでも人に優しくありたいという気持ちは強く持っていきたいです。
そして自分に負けない強さを持ちたい。
優しさと強さ。
[PR]

by konakadaichi | 2010-01-25 02:21 | ブログイラスト | Comments(2)
2010年 01月 24日
自分の制作と似顔絵のバランス
f0089854_3265262.jpg
「くつくつくつ」


昨日の靴の記事に挿絵をつけるならこんな絵。左下が一番古いシルバーの靴で、右下がそのつぎに古い黒っぽい靴。この二足はもうボロボロん。そして上のが新しい緑の靴!!みんなお目めになっちゃった。


今日似顔絵が終わった後にメンバーと話していて、うんうんと思う話しがありました。それは似顔絵描きが似顔絵以外の制作に与える影響について。僕はまだ似顔絵をやり出して日が浅く、描く度にスタイルが変わり、うまくいくこといかないこと、いろんな刺激が楽しめている状態なんだけど、それがある一定のレベルまでいってしまったらそこから見える景色はどんなんだろう。どういう制作をしても、そこに良くも悪くも似顔絵の影響が出てしまうのであろうか。似顔絵作家一本でやるんだーっていうのはある意味シンプル。それはそれでとてつもない世界がありそうだけど。似顔絵以外の制作を持っている人にとって、似顔絵制作が体の芯までしみ込むことはある意味リスキーなのかもしれません。どんなキャンバスを前にしてもふわっと似顔絵が浮かぶとしたらきついかも。バランスが大切なのかもしれません。適度に自由制作への空間を空けながら似顔絵を描くみたいな。でもそれじゃあスーパー似顔絵師にはなれないのかなあ。ほんとまだまだ分からないことだらけ。想像の話し。もちろん人によってもずいぶん違うと思います。器用に切り替えれる人もいるのかも。。ああーーー!!今日のイラストはこれもしかして似顔絵の影響受けてるんじゃないですかーー?一日中水彩を使って顔を描いていたもんで、デジタルは新鮮で気持ちよかったんだけど。肌色っぽい感じ。構図も。これはこれからどうなっていくんでしょうねー?いいバランスで制作と似顔絵やっていけたらなと、今は思っています。でも今はともかく似顔絵楽しいです!


とその後の追加で、デジタルイラスト描きました。なんかのびのび描けるんです。もしかしたら今の僕のバランスでは、デジタルイラストと似顔絵というかなり世界の異なった表現を交互に行うことで、どちらも新鮮な気持ちで描けているのではないでしょうか。これでまんねり知らずになれたらすんばらしいです!

f0089854_4364174.jpg
「かぶりものず」
[PR]

by konakadaichi | 2010-01-24 03:26 | ブログイラスト | Comments(2)
2010年 01月 23日
もらったミドリの靴
f0089854_322120.jpg

僕の靴はどれもあんまりにもボロボロ過ぎて(普通に穴が開いている靴×2とか)、見かねた後輩の男の子が履かなくなった靴をプレゼントしてくれました。さすがオシャレボーイなだけあって、鮮やかなミドリ、かっちょいー靴をいただきました。僕は冬は鮮やかな色のトレーナーばかり来ているので、ボロイ水色のジーンズをはさんで、なかなかミドリが映えるのです。お気に入りの一足になりました!また穴が空くまで、大切に使っていきたいです。もうちょっと、みだしなみにも気をつけなければなあとも思っています。ミドリの靴の似顔絵屋さんっていいかもいいかも!明日から二日間の似顔絵、ミドリ靴パワーでがんばります!!
[PR]

by konakadaichi | 2010-01-23 03:22 | ≪日々のできごと・思ったこと≫ | Comments(0)
2010年 01月 22日
リアルに立ち返る
f0089854_353310.jpg

僕は高校の時には写実的な油絵を描いていたのだけど、大学になってめっきり描かなくなりました。大学では子どもが描くようなイラストやそんな絵の絵本、へんてこ人形と、現実のリアルな形にとらわれない制作をしてきました。そこで最近はじめた、ほんのりリアルな似顔絵。新しい風です。リアルから離れていたこの大学での時間は予想以上に長く、僕のスタイルを一方行に凝り固まらせていたようです。そしてまたリアルに立ち返る今、体がうまく反応してくれない部分もあります。小さな時は人の顔の写実は大好きでした。だからきっと少なくともその種は僕の中にちょこんといると思います。さあ、これから似顔絵の存在が僕の中でどんなものになっていくのでしょうか。スーパー似顔絵師にならなかったとしても、「リアル」に立ち返るという行為は、僕の自由な制作スタイルにもなにかしらの影響を確実に与えると思います。大学の指導教官からも昔、もっと現実の形を見なさいと指導されたことを思い出しました。全てのことはつながってるんだから、せっかく機会を与えてもらえてるので、似顔絵もがんばってみます!
[PR]

by konakadaichi | 2010-01-22 03:05 | ブログイラスト | Comments(0)
2010年 01月 21日
斬桐舞!!
f0089854_192180.jpg

今日は、よさこいソーランのサークル「筑波大学斬桐舞(きりきりまい)」の練習に参加してきました。

ユニバーサルソーランをテーマに掲げ、ソーランで大学生も社会人も大人も子どももどんな人間をもつなげていこうというこの団体、とにかく元気!明るい!笑顔!ぜんぜん踊りにはついていけなかったけれど、一緒に体を動かしてればそりゃもう笑顔になるよー!まだ設立後一年と少しの団体なのに、勢いよく活動の幅が広がっている理由が少し見えました。設立者の方と話したのですが、活動ってものは方向性なのだと感じました。明確な方向性を持っていれば、後は走るだけ、判断に迷わない。ソーランは手段であって目的ではない、、とは言い過ぎかもしれないけれど、彼はソーランの「先」を見ているように感じました。行動できる人のこと、本当に尊敬します。やさしい人のことも、前向きな人のことも尊敬します。ホント、年齢なんて関係なくて、素敵な人間は回りにたくさんいます。みんなにひっぱり上げられて、僕ももっとかっちょよくなりたいです。

きのうのブログの続きを言えば、この斬桐舞への参加も、きっとおだやかになれる方法の一つなのだと思います。

筑波大学斬桐舞のHP→ http://thekirikirimai.web.fc2.com/index.html
[PR]

by konakadaichi | 2010-01-21 01:38 | ブログイラスト | Comments(0)
2010年 01月 19日
おだやかに生きたいけれど、
f0089854_1845898.jpg

このブログにも書いたことがことがあるけれど、僕はおだやかに生きていきたい。だけどどうやら、それは難しいんじゃないかと最近は思えてきています。きっとどのような生き方を選んだとしても、僕という人間の頭の中では、「レンジでラップ無しで温めていたさんまの蒲焼きが爆発する。」ようなことがある程度の頻度で起こるんじゃないかな。会社員になったとしてもそれはそうで、フリーでやっていくにしてもそれはそうなんだろうな。きっと人間そのものの問題。うだうだ言わずに自分を受け入れなさい!きっとこれからも確実にぐるぐる考え込んでしまうことや悲しいできごと、失敗はしてしまうだろうね。だけどそれが僕なんだ。そんな自分を理解してあげて、時にはしかってあげて、時には許してあげて、そんなこんなで一日一日を踏みしめていこう。でもちょっとずつ最近は自分のリズムが見えてきています。朝カーテンを開けたら気持ちいいように、少しでもおだやかになれる方法をいっぱいストックいきたいです。
[PR]

by konakadaichi | 2010-01-19 19:23 | ブログイラスト | Comments(6)
2010年 01月 18日
松田素子さんの絵本ワークショップ
f0089854_2357668.jpg

松田素子さんの絵本ワークショップに参加してきました。神奈川県。最近よく神奈川にいくなあ。松田さんは僕と同じ山口県出身でした。家の中の絵本の量がはんぱなかった!絵本のラフを見てもらい言葉をいただくという形のワークショップ。だけど絵本のことだけじゃなく、そこから広がっていろいろな言葉をいただきました。印象に残った言葉をしめします。忘れないように。

・一回じゃなく、百回読みたくなる絵本を作る。
・大人は読み込む力がおおきい。子どもは読み取る力がおおきい。
・創造世界に説得力を持たせるためには現実を知ることが大切。
・絵本を読むことは大切。絵本を買うことは大切。
・一流の作者になるためには一流の読者になるべし。
・ベストセラーよりもロングセラーを!

たくさんたくさん勉強になりました。勉強ってこういうことなんだ!経験ってすごい。絵本ってすごい。まどみちおさんすごい!竹内通雅さんすてき!通して思ったことは僕の圧倒的な絵本読書量の無さ。もっと名作を読んで、もっと絵本と仲良くなりたいな。せっかく大学にいて絵本をたくさん持っている先生がいるんだから、研究室に通ってもっと読もう。勇気を出して買おう!まだまだ勉強できることが僕の目の前には広がっている。もっと知って、もっと表現して、もっと経験をつんで、、もっともっと!今まで関わってきた人達、これから関わる人達、みんなに喜んでもらえるような表現者になりたい!と思いました。
[PR]

by konakadaichi | 2010-01-18 00:31 | その他絵本関連 | Comments(2)