<   2010年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2010年 04月 28日
無人島キャンプ!つづき
f0089854_1920360.jpg
つなぎがユニフォームだったみたいで参加者の中にはつなぎの人ちらほら。
並ぶときれい!
両側オレンジ主催の二人は、空間作り屋さんの、その名も♪RAINBOW♪

f0089854_19231842.jpg
半日体を動かした後の、夕光の中のみんな。

f0089854_19261573.jpg
僕たちの班「自由」のみんな!

f0089854_19265754.jpg
翌日は雲一つ無い晴天。
何もしないことがなんとも気持ちいいと思えた時間。

f0089854_1928440.jpg
そして、字書きの人とコラボレーションで描き上げた一枚!


いろいろ考えることのあった時間でした。
最近はなかなか忙しくてブログにがっつり記せないことが悔しいな。

受動と能動って言葉があるけれど、最近の僕の活動はどんどん能動的なものにシフトしてきている気がする。
この関西キャンプへ一人での参加もそう。
島根旅行への参加もそう。
経験を求めてるんだ。
作家活動には多面的な活動も生きてくるって思えてきてて。
目的を持ってしまえば強い!
進む!進む!

今月は吸収する時間。
来月は吐き出す時間。
さあもうちゅうちょできないよ〜!

来月は活動盛りだくさんになりそうです。
また詳細お伝えします。


f0089854_6544956.jpg
f0089854_655142.jpg

[PR]

by konakadaichi | 2010-04-28 19:43 | ≪日々のできごと・思ったこと≫ | Comments(0)
2010年 04月 25日
姫路!無人島キャンプ!
f0089854_226361.jpg

姫路無人島キャンプが終わりました。
帰りの高速バスの中からの更新です。


やばいっす!
2週連続の国内旅行でもうふわふらです!

今回の関西でのキャンプ、関西の人ばかりが集まっているのかと思ったらそうでもなく、関東や福岡、愛知の人なんかもいました。
年齢層は20〜30才くらい。
キャンプ内容は、まず班に別れ、その班でレクリエーションマッチをしたり、自炊をしたり、語り合ったり。
そんで夜の宴会前には、字書きの方とのコラポライブペイントを行いました。


レクリエーションマッチは、やりだすともう必死!
長縄!
ビーチフラッグ!
指令をこなしていくビンゴ!
ガチリレーなど、
楽しかった!
まさにチーム一丸!
砂浜を裸足で踏みしめていました。
僕達のチーム「自由」は7チーム中2位でした!

カレーの自炊もチームで協力して。
チーズカレーでお腹いっぱいになりました。

その後海岸でキャンドルナイトと、歌うたいの方もいて、きれいな歌声にうっとり。
みんなで輪になって歌ったり踊ったり。

そしていよいよライブペイント!
各班から出された一文字づつの漢字を、字書きの方が書いて、それに対して僕がイラストをくっつけていくというやり方で。
字がそれだけで完成していた気がしてなかなか難しくもあったけれど、えいやっ!と勇気を出してイラストをのせていきました。
コラボの楽しさは自分の表現を広げさせてくれるところ。
即興の楽しさはドキドキを感じれるところ。
お客さんのドキドキも伝わってくるところ。
ドキドキの共有。
結果反省点もあったけれど、それもライブならでは。
ライプペイントをきっかけにして、その後の宴会ではゴブリンを多くの人に紹介できました。
ゴブリン関西デビューおめでとう☆

宴会では、もうエンドレスな盛り上がり。
そして何よりみんな自由!
ゲームに興じて酒を飲む人もいれば、ギターをならす人も、星空を見に行く人も。
宴は朝まで続いたそうです。


このキャンプの主催者であり誘ってくれた方との宴会での話しの中で、「強く思う。」という言葉が出て来ました。
僕は病院から雲南に続く経験で心動き、一つの決心ができたと思っていました。
だけど、彼は決心のさらに上を行く、強く思う気持ちを持っているように感じました。
「人生をかける」なんて言葉だけでは足りないなにか。
いい刺激になりました。

あと、筑波の後輩に海外の宿で出会ったって人がいて、それには驚きました。
よく日本は狭いとかいうけれど、動き回っている彼らにとっては世界すら狭いのかもしれません。


ともあれ単純に、海と山の境目で、たくさんの歳の近い大人たちと、子どもに還ったように遊び、食い、語り合えたこと、それがシンプルに楽しかったんだと思います。
[PR]

by konakadaichi | 2010-04-25 22:06 | ≪日々のできごと・思ったこと≫ | Comments(2)
2010年 04月 24日
姫路に到着!
f0089854_9564336.jpg

高速バスではきれぎれながらも眠れました。

今は集合時間まで、カフェまで時間をぷちぷち潰しています。

まだ眠気は残っていて、椅子に寄り掛かり目を閉じると、周りから聞こえてくるのはみんな関西弁。

新鮮!
[PR]

by konakadaichi | 2010-04-24 09:56 | ≪日々のできごと・思ったこと≫ | Comments(2)
2010年 04月 23日
ゴートゥー兵庫の無人島!
f0089854_23521820.jpg

今高速バスで兵庫に向かっています。
目的は、島根の無人島で行われる、

モイモイCAMP vol.3  IN 無人島(母と子の島)

っていうイベントに参加するため。
友人つながりで知り合って、会おう会おうってなかなか会えなくて、この前のミヤケンさん牛飼座さんのトークイベントの際に、予期せぬ運命的な出会い☆を果たした友人が企画者の一人のキャンプです。
知り合いは彼一人。
関西中心の60人の知らない人の中に飛び込んじゃってキャンプなんて、もう何も始まらないわけないじゃない!
夜には他の表現者とコラボしてのライブペイントを行います!
やっぱ表現を見てもらえることが、僕を一番分かってもらえることだと思うので、その場を与えていただき嬉しいです。
さあさあ何が起こるんだ!?
そしてバス内は消灯です。
おやすみなさ〜い!

写真はバス内でもらえたスリッパで紙素材
これはもう描いちゃうでしょう!
[PR]

by konakadaichi | 2010-04-23 23:52 | ≪日々のできごと・思ったこと≫ | Comments(0)
2010年 04月 23日
大学グラフィティのその後
f0089854_228930.jpg

はい!
先日学校の壁にマスキングテープで絵を描いたのですが、すぐさまその翌日の目覚めはおそろしーい電話からでした。
大学の事務の方にとっても怒られて、すぐに全て剥がしなさい!と言われました。
その後もうその事務の人が怖くて怖くて、全てきれいに剥がしました。
中途半端に残すのも潔わるいかなと思って。
大学という小さな社会を通して、大きな社会を少し感じられる経験でした。
くやしいかって言われたらほんとに悔しい。
社会の中でアートを実践していくやり方というものを考えさせられました。
ただ収穫として言えるのは、初めて自発的に募ったスタッフと作業ができて、それがとても心地よいということが感じられたこと。
それと、夜に一人で壁に絵を描いていた時に、本当に楽しいと思えたこと。
これからの糸口の一つが見える経験でした。
大学でのアクションはこれからも起こしていこうと思います。
今回のことからの連なりでも、プランが出てきて、実行したくてしかたない。
うずうずうずうず。
楽しいです。

上の写真は、15体すべてのキャラクターを剥がして、使ったマスキングテープを丸めたもの。
あれだけの存在感がこれだけになってしまうなんておもしろい。
でもなんだかこの丸まりに、パワーを感じてしかたないのです。
伝わるでしょうか。

形あるものは全ていつかは無くなるというけれど、今回の別れは早すぎた。
もう少し彼らを展開していきたいと思っています。
[PR]

by konakadaichi | 2010-04-23 02:45 |  その他ゴブリン研究活動 | Comments(10)
2010年 04月 21日
ゴブリン博士の助手募集中!! & 芸術エリア内マスキングペイント
雲南市で受けた刺激は僕の脳内にピリッと刺激を与え、今は期間限定かもしれないけれど頭の中で今後のプロジェクトの流れがクルクルクリアに見えてくるのです。
見えて来たならもう行動に移すしかないでしょう!
さっそく出てきたアイデア、ゴブリン博士の助手を募集する作戦をさっそく実行しました。
f0089854_643362.jpg
こんなポスターを作って大学校内(芸術エリア中心)に貼り巡らせました。
しかもポスターの横にはマスキングペイントで描いたキャラクターを添え、そのキャラが話しているような設定にしました。
f0089854_553478.jpg
思ったよりキャラの存在感がでかくなり、これは近い内に大学から怒られるかなーって予感がします。
本当はこういうのが多少緩いくらいの方が大学がよりワクワクする場所になるのになあとは思うんだけど。

あと助手募集とか言いながら、興味がある人を誘い、早くも助手を引き連れての作業になりました。
僕は今まで、自分ですべてやらなければいけないという感覚が強かったのですが、ミヤケンさんや他の人の影響で、助けてもらっていいんだ!むしろ助けてもらえた方が作品の可能性が広がる!というおおらかな気持ちになったのです。
撮影はしてもらえるし、作業の補助もしてくれる。
そして何よりも大きいと感じたのは、見てもらえてる、応援してもらえてるという感覚!
今日の作業でもとってもとっても力になりました。
f0089854_633660.jpg
大学内に絵を描く感覚、すごい気持ちいい!
注意されるかなーってドキドキしながらの作業なんだけど、それがなかなか心くすぐるのです。
あくまでも今回は実験的なものだと考えています。
このようなことをきちんと手順を踏んで、どうどうと表現してもいい状況を作り出し、もっと規模の大きなことができないかと妄想はモクモク膨らむ一方です。

今回出来上がったキャラクターをずらっと紹介します。
大学生でこのブログ見ている人がいたら、芸術エリアにちょこちょこいますので、探してみてもらっても楽しいかもです。
けっこう素早く撤去指示が出ると思うので、お早めに!

f0089854_613314.jpg
f0089854_6132695.jpg
f0089854_6133890.jpg
f0089854_6135087.jpg
f0089854_614337.jpg
f0089854_6141756.jpg
f0089854_6142967.jpg
f0089854_6145233.jpg
f0089854_616344.jpg
f0089854_6162298.jpg
f0089854_6163355.jpg
f0089854_21583136.jpg
f0089854_2158425.jpg
f0089854_18384049.jpg

今回手伝ってくれた助手のみんな、大寝坊してほんとごめんね。
博士はこんなに情けないのです。
だからこそみんなの力が必要で。
今日は助手のみなさんにはうちにあったペイントシャツなど(こっそりPeeeeRTシャツも!笑)を来て作業してもらいました。
何か助手用のコスチュームを用意できたらなとか、やっぱりどんどん妄想は膨らむのです。
f0089854_6345164.jpg
今後の大きなイベントは5月15、16日に行われるつくばフェスティバル内で行うゴブリン企画になります。
それに向けての制作面のサポート、当日のサポートが当面の助手のお仕事となります。
楽しいことがどんどん広がっていけばいいな!
ゴブリン博士の助手に興味がある人いましたら、

konakadaichi☆gmail.com(☆を@に変えてください。)

までお気軽にご連絡ください。
遠方の方も大歓迎です!!
さまざまな関わり方ができると思います。

可能性は無限大だ〜わくわくわくわく!!
みんなももっとわくわくできるようなことに、これからもどんどん挑戦していきたいと思います!!

そんな気持ちの中での帰路の中、楽しい出来事がありました!!
また後日更新します!!
[PR]

by konakadaichi | 2010-04-21 06:38 |  その他ゴブリン研究活動 | Comments(5)
2010年 04月 20日
島根・雲南旅行を振り返る 〜旅行編〜
島根・雲南への旅行には、ミヤケンさんの呼びかけで集まった11人が集まりました。
様々な個性を持っている人が多く、みんな続々とwebに旅日記をアップしているので、僕も僕なりの個性を出して旅行を報告しようと思います。
というわけで、絵日記風に、イラストを挟みながら振り返ってみます。


f0089854_292893.jpg
空港行きの電車の中、顔を上げると目の前にミヤケンさん。最初の奇跡。

f0089854_295451.jpg
到着して最初に向かったのは出雲大社。しめなわが太い!みんな小銭を頭上の縄の断面に投げ入れるのに夢中でした。10円を投げたら100円が返ってくる人がいたり。

f0089854_2101222.jpg
雲南市長にお会いしました。watoさんの人形を使ってのおちゃめなふりにも素敵に対応してくれる市長さん、素敵です!

f0089854_2102466.jpg
日登牧場では山で乳牛を飼っていました。茶色のブラウンスイスって牛。山の上にたたずむ姿や大群で降りてくる姿はなかなか異世界でした。濃厚な牛乳おいしかった!

f0089854_2103974.jpg
木次酒造ではお酒にまつわるマニアックな話をたっぷり聞きました。お酒にクラシックを聞かせてるんですよ!

f0089854_210545.jpg
夜は市役所の人や地域の人、早稲田大学の学生と交流会。そうそう、早稲田の学生さんも雲南で様々なプロジェクトを行っているのです。筑波でいえばADPみたいな感じ。ゴブリンを多くの人に紹介しました。ミヤケンさんもかなりハッピーな感じに。お外にはサプライズのとうろう。その中で三線(さんしん)をひく旅のメンバー滝沢さん。踊る人々。空には星。もう異世界。

f0089854_211620.jpg
二日目一発目は竜頭が滝。初めて滝の裏側に入りました。滝の裾には野二本の虹がかかるという奇跡。

f0089854_2111736.jpg
たたらばに行きました。あのもののけ姫のたたらばの元になった場所だとか。説明に想像を膨らまし興奮!

f0089854_212922.jpg
旧掛合小学校(廃校)リサーチ。昨日の記事の黒板はここの。何かができそうな予感!その後校庭で子供達、旅のメンバー、早稲田の学生、市役所の方々も交えてのサッカー!子どもうまいしかわいいし〜!

f0089854_2122046.jpg
夜は伝説と聞く入間の飲みに参加。注がれる酒の量が半端ない。大人も寝転がるハッピーな空間。また参加したい!

f0089854_2135638.jpg
三日目昼にはワインパーティーに参加。人がたくさん。もちろん飲みました。グラスゲット!

f0089854_2125241.jpg
それから古代出雲歴史博物館へ。出土された銅剣の数がはんぱなかったです。神秘の土地。。

f0089854_213186.jpg
けっこうギリギリで飛行機に間に合いました。三日間ドライバーをしていただいた市役所のお二人には特にお世話になりました。お別れのバイバイは寂しかったけど、これでお別れにしてたまるか。また絶対に行くよ雲南。


夢をみているような、短いような、長いような三日間でした。
企画してくれたミヤケンさん、市役所の方々、暖かく受け入れてくれた地域の人々、しっかり作品にリアクションしてくれた早稲田の学生たち、旅のメンバー、ほんとみんなに感謝です。
僕が決意できたばしょ雲南、一生忘れてたまるもんか!!!
[PR]

by konakadaichi | 2010-04-20 03:02 | ≪その他美術関連活動≫ | Comments(0)
2010年 04月 19日
島根・雲南旅行を振り返る 〜芸術編〜
f0089854_1422942.jpg

この写真からなんだか今回の島根・雲南旅行の雰囲気、これからの可能性が伝わりそうな気がします。大好きな一枚です。
(左からミヤケンさん、僕、watoさん)


たくさんのことがありました。
たくさんのことを考えました。
長くなりそうなので、二部構成で、旅の細かい記録のほうは明日にでも。


芸術についてですが、今回は作品の一部を持って行ってて、雲南の多くの方々、ミヤケンさんと共同でプロジェクトを行っている早稲田の学生の方々に見てもらいました。


人々のリアクションから感じたことは、まずゴブリンの存在の大きさです。
ゴブリン一体一体にこもっているパワーを再確認しました。
そして病院ゴブリンプロジェクトについても、共感してくださる方がいて、病院で行う意義、これからの可能性を感じました。
病院での作業はけして楽なものではないけれど、またいつかどこかの病院でやりたいと思いました。
作品(プロジェクト)は、よりその作品を必要としている場所にある方が、みんなが幸せだよね。
病院ゴブリン直後よりも、冷静にプロジェクトを振り返ることができました。
ゴブリンを生み出す作業は、なかなか精神削られるもので、続けていくことに不安になることがあるのですが、人々の言葉から思いました。
止めてはいけない。
もはや僕にはゴブリンを生み出す責任があるんだ。


キャラクターを軸にした部分は一貫しているのだけど、僕の作品の表現方法は、立体の他に、絵本、壁画、イラストなど多岐にわたります。
その中で僕の作品の象徴的なものはなんなのか、とか絞っていく必要があるのではないかとかという疑問がありました。
でも、ここ雲南で、それらの現時点での方向性が見えてきました。
やっぱり象徴となるのはゴブリン達だと感じました。
だけど、ゴブリン以外の表現もとても大事。
おそらくいいバランスで支え合っているのだと思います。
今行っている表現をどれもできる限り大切にしていこうと思いました。


筑波大学・つくば市・茨城県・日本・世界
これらはいずれも範囲は違えど、同じようなものだと感じました。不思議。
雲南市で出会った人は、基本雲南という範囲の中でのびのびと生きています。
世界を飛び回って活動している人も、世界という範囲の中で生きています。
どこまでを自分の範囲と設定するかってところ、考え方で、どんどん幸せになりそう。
最近僕は、世界に興味が湧いてきています。
恥ずかしくても言葉にしてみれば何か始まりそう!
今は、これからの作家活動が楽しみでしかたないのです!


雲南に行けたことは、本当に大きかったです。
人々がアートに寛容なのです。
写真は廃校の黒板に主にミヤケンさん、watoさん、僕で絵を描いたものです。
何かができそう!何かが始まりそう!そんな気がしてなりません!


ミヤケンさん、watoさんのブログでもたくさん旅の様子をレポートしてくれています。
よかったらそちらもチェックしてみてください。

ミヤケンさん→http://blog.livedoor.jp/miyazaking/
watoさん→http://blog.watokitchen.com/
[PR]

by konakadaichi | 2010-04-19 03:12 | その他 | Comments(0)
2010年 04月 17日
島根・雲南市に来てます。
f0089854_18325395.jpg

島根に旅行に来てます。ミヤケンさんにひっぱられて、つながりのあるみんなで来てます。
昨日から来てて、明日まで。


いろいろ観光、夜は宴会。
昨夜の宴会では僕の気持ちに大きく影響を与えてくれそうなできごとが。
作家である責任、作品を作り続けていく責任、人の人生、たくさんのことを学ばせてもらってます。


伝えたいことはたくさんで、今は時間が足りないので、また書きます。
写真は昨晩泊まったところです。


いい人、いい土地。島根雲南市。
[PR]

by konakadaichi | 2010-04-17 18:32 | ≪その他美術関連活動≫ | Comments(2)
2010年 04月 14日
つくばサミット
f0089854_2322111.jpg

昨夜はミヤケンさんの号令で集まったつくばのおもしろメンバーが集まり、つくばサミット(お店でおしゃべり)を行いました。
メンバーはそれぞれ異なる様々な方向に活動的で、それはもう刺激的でした。
後半のケニアの話の頃には興奮は最高潮!

最後は僕の家でミヤケンさんゲンジさんと朝まで芸術について語り明かしました。
ほんとにほんとにおもしろくて、どこに話題が移ってもしっかり興味がついていきました。
話をする中でも、自分の日々の制作の迷いについても同時進行で思考が進んでいき、完全に答えが出た訳ではないけれど、語り尽くした後にはなんだかすがすがしさがありました。
何かが突き抜けた気がしました。

翌朝楽しいハプニング!
今まで絵の具で描き続けてきたミヤケンさんが、なんと僕のパソコンで絵を描いたのです。
パソコンで描くのは初めての経験だったそうですが、僕はいい感じだなと思いました。
絵の具で描き続けてきた蓄積があってこその、デジタルに移っても光る何か。
蓄積無しにパソコンで描き始めたならこうはならなかったはずです。
多々考えさせられました。

ミヤケンさんが自身のブログにアップしてます。
http://blog.livedoor.jp/miyazaking/archives/51497150.html
さすがですね!
[PR]

by konakadaichi | 2010-04-14 03:00 | ≪日々のできごと・思ったこと≫ | Comments(0)