<   2010年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2010年 07月 31日
7/30更新 大東中学生と病院顔ゴブリン準備
f0089854_954552.jpg

f0089854_95455.jpg

f0089854_95456.jpg

今日は明日の、

「雲南総合病院アートフェスタ」

のための準備を、病院にて、大東中のクリエイティ部の子たちと行いました。
11人くらいの学生が集まったのですが、舞台が公共の場所病院ということもあり、病院内のリサーチで通行人の邪魔をしてしまったり、顔を見つける感覚や、作業について伝えきれなかったところがあったなと反省しています。
テンパりました。

ともかくだいたいの動きとしては、病院内のリサーチをして顔を探してもらい、それから目、鼻、口のパーツを作ってもらいました。
段ボールを切る作業に、みんな苦戦していました。
それに対して色を塗る作業になるとみんなのびのび作業をしてくれた印象です。
女の子は大量の目玉の色を分担してもくもくと塗ってくれました。
大きな面を塗ってる男の子は楽しそうでした。

午後は中学生は帰り、院内を回り大まかなパーツ数のチェック、バサバサと大きなパーツを作っていきました。
また院内の別の場所を案内してもらいました。
小児科前に描いたマスキングペイントは好評で、他の壁にもどうかといくつかの壁を案内してもらいました。
いい壁があるある!
もしかしたら滞在中にまた病院マスキングペイントを行うかもしれません。

11人の生徒に伝える難しさを感じた今、学校の先生ってすごいんだなって思います。
例えば30人以上の生徒に一人で向かうって、プロフェッショナル!


明日の「雲南総合病院アートフェスタ」は、

最初の集合場所は、4F大会議室です。

タイムスケジュールは、12:30〜開場
13:00〜イベントスタート
16:00終了
となります。


明日は第二の山ですね〜今日よりはテンパらないように注意して、頑張りまーす!

(三枚目の写真は中学生が段ボールで描いてくれたものです。)
[PR]

by konakadaichi | 2010-07-31 09:05 |  雲南ゴブリンプロジェクト | Comments(0)
2010年 07月 30日
7/29更新 三刀屋高校訪問&チェリバ展示&石拾い
f0089854_857993.jpg

f0089854_857946.jpg

f0089854_857934.jpg

今日の朝ご飯は昨日の残りの野菜炒めとパンでした。


午前中は三刀屋高校の美術部を訪問。
僕の制作を紹介しました。
顧問の先生の描きかけの絵にドキドキしました。


お昼にはチェリバ(大きなスーパー)に行きました。
実はチェリバでは、雲南に入ってから、ゴブリンと絵本の展示をさせてもらっています。(写真二番目)


午後は病院で下見。

明日は大東中の学生に手伝ってもらいながら、病院内で顔ゴブリンを見つけながら、おおよその必要なパーツを想像し、パーツを作ります。
下ごしらえの作業。
そしてあさっては、

「雲南総合病院アートフェスタ」

が開催されます。
前日に用意した素材を病院内に張り付けていく作業がメインとなります。
この滞在制作、第二の山場です。


下見の後は、塩田小下を流れる川で、石ゴブリン用の石拾いをしました。
それまで雨が降っていたのですが徐々に曇り、川に足を入れる頃には日が差し出しました。
暖かい日差しの中、冷たい川に足を入れて石を拾いながら思いました。

おやや?今、幸せだなあ。

石を拾い終わり出発するとまた曇りだし、ああ、奇跡に巡り会ったんだと自分勝手に想像したり。


雲南では、いろんなこと、考えさせられる日々が過ぎていきます。
大切なことが見えかかっているような。

明日あさっては病院で、うまくいくよう頑張ります〜!
[PR]

by konakadaichi | 2010-07-30 08:57 |  雲南ゴブリンプロジェクト | Comments(0)
2010年 07月 28日
7/28更新 大東小と海潮っ子クラブでワークショップ
f0089854_19274852.jpg

f0089854_19274865.jpg

f0089854_19274857.jpg

f0089854_19274892.jpg

今日は午後から、大東小学校の生徒を対象に、大東公園体育館にて、「ゴブリン博士のなんでもゴブリン教室」と称するワークショップを行いました。
三部構成で、最初は石ゴブリン、次に顔ゴブリン(顔を探すための素材を持参してもらいました。)、次に紙コップゴブリンを制作しました。

前回は中学生対象だったのが、今回は小学生対象。
石ゴブリンと顔ゴブリンは修正液使いが重要になってくるのですが、子ども達には修正液は少し難しいようでした。
乾くのを待てない子もいました。
それに対して紙コップゴブリンは上手くいきました。
紙コップゴブリンはマジックだけで成立するので。
子ども達ものびのび描いているように見えました。

それを参考に、その後に回った海潮っ子クラブ(放課後児童クラブ)では紙コップゴブリンをメインで作ってもらいました。

たくさんの表情が生まれてくる現場にいられることは楽しい!

そろそろゴブリン博士のワークショップっぷりも板についてきたでしょうか!?

このいろいろな場所での活動で、結果、塩田小学校での文化祭に多くの人に集まっていただければ嬉しいです。

明日は午前中に三刀屋高校を訪問します。
[PR]

by konakadaichi | 2010-07-28 19:27 |  雲南ゴブリンプロジェクト | Comments(0)
2010年 07月 28日
7/28日更新 今の住まい
f0089854_1342195.jpg

f0089854_1342186.jpg

僕の今暮らしている建物は、元教員住宅。
中でも広い、世帯用の建物をお借りしています。
家の中は電化製品や温水等、かなりととのっています。
三度目の夜を過ごし、この家での生活にも慣れて来ました。
おとついから近くに住んでいる方に軽トラをお借りしているので、少し身動きがとれるのも嬉しいです。

調味料の大切さを知りました。

石鹸の大切さを知りました。

洗剤の大切さを知りました。(洗剤を買い忘れていたのでシャンプーで洗濯してみました。今のところ問題無し。)

全自動洗濯機の各行程を、初めてしっかり見とどけました。

この建物での生活はとりあえず31日までの予定。
久々の一人暮らしを満喫したいと思います。


今日はこれから図書館を簡単に回ってから、大東小学校でのワークショップです。
行ってきま〜す!
[PR]

by konakadaichi | 2010-07-28 13:42 |  雲南ゴブリンプロジェクト | Comments(0)
2010年 07月 27日
7/27更新 大東中ワークショップ&雲南総合病院展示
f0089854_17191992.jpg

f0089854_17191932.jpg

f0089854_17191978.jpg

f0089854_17191966.jpg

昨日の午前中は大東中学校のクリエイティ部の生徒さん達と、石に顔を書く「石ころゴブリン」、紙コップに顔を書く「紙コップゴブリン」制作ワークショップを行いました。

石ころゴブリンは、石が元からいろんな形を持っているので、その形を生かすように、石としっかり対話して、命を込める気持ちで作ろうね、みたいなことをいいながら作ってもらいました。
一つとして同じ表情の無い、様々な表情が生まれました。

紙コップゴブリンですが、紙コップのっぺりした形をどう生かすのかなと見ていたら、なんと折り目をつけたりつぶしたりして形の個性を出し、そこに目鼻を発見していくという表現を行う人が多かったです。
様々な形が生まれてくるその発想みたいに、ワークショップをすることで、その経験が自分に跳ね返ってくる感じがしておもしろいです。


午後は雲南総合病院で、小児科前の壁にマスキングテープでペイントを行いました。
最初に「unnan」の文字ゴブリンを描き、それから、雲南で生活する中で頭に残ったモノなどをゴブリンに変身させた表現、例えば、自転車ゴブリン、葉っぱゴブリン、太陽ゴブリン、病院だから、注射器ゴブリンなどを壁いっぱいに描きました。
シルバーのタイルにブルーのテープが映えました。

あと、過去に筑波大学付属病院で制作したゴブリンを展示するスペースを作りました。
ちょうどいいガラスケースを見つけてもらったので、いい感じに展示できました。

病院の方々の反応は良く、ペイント中にたくさん話しかけられました。
病院ゴブリンにも興味を示されてるようでした。

サポートしてくださった病院スタッフの方、ケースを運んでくださった市役所の方には大感謝です。

雲南総合病院では、31日(土)の13時より、顔ゴブリンを病院の中で見つけていくワークショップを行います。


昨日は疲れました。
今日はインターバルと思って、ゆっくり過ごそうと思います。
明日は午後から、大東小学校、いくつかの児童クラブで、なんでもゴブリンワークショップを行います。

つくばとはまったく違うこの生活、つくばでは、やらなければいけないことに追われているイメージが強かったのですが、ここ雲南では、向かうべき目標が見えているので、その日やるべきことが明確に見えます。
電波がないのもあいまって、とてもシンプルな生活を送っています。
[PR]

by konakadaichi | 2010-07-27 17:19 |  雲南ゴブリンプロジェクト | Comments(2)
2010年 07月 26日
7/25更新 今夜から第二ステージに突入です
f0089854_10135120.jpg

f0089854_10135129.jpg

f0089854_1013516.jpg

雲南でもさらに山の方にいるからかなあ?夜はクーラー無しで、とっても快適に寝られます。
今夜は扇風機もいらないほど。

今日は午後は市役所の方で、明日搬入の雲南病院展示の準備と、「マメパス」カードのデザインの修正をしました。

明日の午前中は大東中学校の生徒さんと、簡単なゴブリンワークショップを行います。
そして午後は雲南病院に作品搬入です。
過去作品、病院ゴブリンの展示。
シルバータイルの壁にマスキングペイントを行います。

また別の日に、病院でワークショップを行うことが決まりました。
7月31日(土)の13:00〜16:00に行います。
メインの内容は、病院の中で顔になりそうなところを見つけ、目鼻等のパーツをつけて、顔を完成させる、”顔ゴブリン”という表現を来場者に行ってもらうワークショップとなります。
こちらも他者にやってもらうことは初めての試みです。
塩田小でのワークショップもそう、ほんと、初めてづくしの毎日です。


そして今夜から寝床が変わりました。
元教員住宅の建物に拠点を移しました。
夜ご飯は久々に自炊しました。
こちらももちろん電波は無し!
一人ぼっち!
寂しくな〜い!寂しくな〜い!!

今夜からが第二ステージと考えています。
第二ステージでは、8月8、9日に行われる塩田小でのアートフェスタを雲南市の人々に知ってもらうため、足を運んでもらうための、PRも兼ねたアートワークをいろんな場所で行っていきます。

写真は塩田小+おまけです。
[PR]

by konakadaichi | 2010-07-26 10:13 |  雲南ゴブリンプロジェクト | Comments(2)
2010年 07月 25日
7/25更新 塩田小ワークショップ三日目は親子キャンプの中で!
f0089854_1418138.jpg

f0089854_1418122.jpg

f0089854_1418193.jpg
昨日は塩田小でのゴブリン制作ワークショップ三日目、最終日でした。
最終日は、親子キャンプの中で行いました。
二日間のワークショップを通して、立派なゴブリン博士の助手になってくれた子どもたちには、今日は昨日とは逆に、お父さんお母さんに教えてあげる立場にたってもらい、基本、ご家族にゴブリンを作ってもらいました。
初めてのことだらけの中でテンパリながらも、先生方にも助けてもらいながら、なんとか昨日今日合わせて31体のゴブリンができあがりました。
子どもの表現とその親の表現に共通点があったり、無意識に家族みんなでスポーツくくりのゴブリンを作っていたり、おもしろい発見がたくさんありました!
これから僕も塩田ゴブリンを作っていくわけですが、みなさんの表現の影響をすごくうけそうです。
教えながら、僕も作りたいって思いました。
さあ、僕はどんなんを作るのかな!?

学校からのご厚意で、そのまま親子キャンプに参加させてもらいました。
カレーを食べ、スイカ割りをし、キャンプファイヤー、肝試しを行いました。
学校隣の交流センターでお父さん方と宿泊し、翌朝解散となりました。
あたたかい時間でした。

結局二晩ホームステイさせてもらったおばあちゃんにはとーってもお世話になりました。
とーってもあたたかい人で。
塩田小からも近いので、これからの滞在の中で、きっとまたお世話になりそうです。

市役所の方もそうですし、ほんと皆さんに支えられながら企画が歩いていっています。

まだまだ滞在制作はこれからです。
ふにゃふにゃのこんにゃく作家な僕を、雲南市の皆様、これからの時間もどうかよろしくお願いします。
[PR]

by konakadaichi | 2010-07-25 14:18 |  雲南ゴブリンプロジェクト | Comments(1)
2010年 07月 25日
7/23更新 塩田小ワークショップ二日目が終わりました〜
f0089854_11131436.jpg

f0089854_1113148.jpg

f0089854_11131441.jpg

雲南3日目が終わろうとしています。

今日の午前は雲南市の健康促進カードのデザインの詰めの作業。
制作活動と同時進行で、雲南市に関わるデザインの仕事もさせてもらっています。

午後からは塩田小学校でのゴブリン制作ワークショップ二日目。
今日はいよいよ粘土作業。子ども達には、粘土で形を作り、固め、着色をしてもらいました。
昨日、学校のモノの中から何かゴブリンにしたいものを探してきてねと伝えていたのと、昨日の平面ゴブリントレーニングで磨いた感性で、案外みんなスムーズに立体作業が進みました。
オーブンに少し手間取ったのもあり、着彩作業できる時間は1時間強。
僕の平均作業時間をはるかに下回る残り時間にどうなることかとハラハラする中、そんなことお構いなしに子ども達の手は進みます。
筆の進まない子には多少手を入れつつ、アドバイスもしつつ、結果、1人1〜3体のゴブリンを完成させることができました。
その出来栄えはなかなかすごいのです!良い!
その表現は、これからの僕の制作スタンスに影響を与えそうなほどのものでした。

明日はご両親も参加しての作業(ワークショップ最終日)となり、二日間の研修で立派なゴブリン博士の助手になってくれた子ども達には、ご両親の制作アドバイザーの立場にも立ってもらおうと思っています。

嬉しかったこと。
生徒の女の子が、連絡帳みたいなのに、昨晩、たっくさんゴブリンの絵を描いて来てくれていました。
その発想は、僕の発想にしっかり沿っているものでした。

ゴブリンだけが答えじゃないから、子ども達には、ゴブリン制作を通して、ゴブリンの作り方だけを学ぶのではなく、表現活動のおもしろさを知ってほしい、どんなことでもいいんだよ〜って表現の入り口を作ってあげたいと思っています。
あとは、今年閉校を迎える学校の中の物々への愛着が増えること、学校との思い出を増やすこと、単純にモノを大切にする意識を持ってほしい、そんなねらいを持っています。


今夜はトトロの放送がありましたね。
そんな夜、僕はあの舞台になった家のような、木造で、広くて、窓が大きくて風通しのよい、築100年にもなる民家にホームステイさせてもらっています。
貴重な体験です。
昨晩から明日の晩まで。
電波が通じないから電話を借りるなんて、

トトロ!
[PR]

by konakadaichi | 2010-07-25 11:13 |  雲南ゴブリンプロジェクト | Comments(0)
2010年 07月 23日
7/22更新 塩田小でのゴブリンワークショップが始まりました
f0089854_1092986.jpg

f0089854_109291.jpg

f0089854_1092934.jpg

島根雲南滞在二日目です。

ところで今日からいる場所ではソフトバンクは圏外になってしまいます。
ですので、更新したつもりでblogを書き貯め、電波のある場所に行ったときにまとめて更新することにします。
タイトルの日付を更新日と思って見てください。


昨日は雲南でお世話になる各方面を回り、夜は歓迎会でした。

今日は朝、雲南病院に挨拶に行き、筑波大学付属病院で作った病院ゴブリン等展示の計画を練り、さらに31日には外来フロアで、中学生と一緒にモノや景観から顔を見つけて目鼻を付けるアクション(顔ゴブリン)のワークショップを開催することが決まりました。

昼からは塩田小学校にてゴブリンワークショップ一日目。
9人の子ども達との初めての対面でした。
今日は粘土は触らず、ゴブリンの感覚を磨いてもらおうということで、平面でゴブリンのスケッチをしてもらい、さらにTシャツにペイントしてもらいました。
Tシャツには最初から僕のイラストがプリントしてあり、そこに彼らなりのゴブリンを描き加えていってもらいました。
僕の予想以上にみんなの理解が早く、手も動き、立派な助手Tシャツが9枚完成し、9人の助手が誕生した訳です。
明日からはいよいよ立体ゴブリン作り!
さてどうなることでしょう!?
[PR]

by konakadaichi | 2010-07-23 10:09 |  雲南ゴブリンプロジェクト | Comments(4)
2010年 07月 20日
島根雲南へ20日間の滞在制作へ行ってきま〜す
f0089854_2334336.jpg

島根の雲南市、今年で閉校となる塩田小を舞台に作品が展開できないかということで、早稲田の学生と市役所の方とで計画を練り練りしていた企画がいよいよ始まります。

フィナーレは8月7、8、9日の塩田小での文化祭!
そこで制作の成果を展示します!
お友達のwatoさんも料理企画を行います。

今回は塩田ゴブリンを、僕だけじゃなく、塩田の住民、早稲田の学生、いろーんなひとに作ってもらいます。
「顔地図」って写真本で好評だった表現を、塩田小界隈でやってしまいます。
今まで作ったゴブリンも塩田小に登場してもらいます。

さて、どこまでできるか、どうなるのか、なるだけblogで報告していきます。

今は寝台列車サンライズの中。
到着は明日の午前です。

雲南市のみなさま、
早稲田のみなさま、
これからしばらくの間、お世話になります!
[PR]

by konakadaichi | 2010-07-20 23:03 |  雲南ゴブリンプロジェクト | Comments(10)