<   2010年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2010年 09月 27日
コメント返しました
f0089854_21415128.jpg

塩田ゴブリン以降、返すことができないでいたコメントにお返事のコメントを返しました。
こんなに時間が経ってからで申し訳ありません。
コメントを返しながら、また塩田での日々を思い出し、遠い目をしそうになりました。してたかも!?
今も、見よう。
今やるべきことを、一つずつやってこう。

写真は。塩田小での文化祭で、ゴブリンTシャツにイラストを描いている博士と、ドキドキ待っている子ども達。
[PR]

by konakadaichi | 2010-09-27 21:48 |  雲南ゴブリンプロジェクト | Comments(0)
2010年 09月 21日
「〜したい」から「〜する」へ
f0089854_9442928.jpg

こうなりたい、のような願望系の言葉をブログに書いた後はたいてい後悔します。まだそこに到達していないことを宣言しているようで。
今日からは、こうなんだ、こうしてるんだ、こうするんだという言葉にシフトさせて、いきます!
「これから」が僕の人生本番なのではなくて、「今」がまさに本番の最中。もう舞台の幕は開いている。すでに目の前には大勢のお客さんがいるのです。

今朝は早朝野球。
開始早々お腹を下してトイレに行き、直後にデッドボールをくらい、トンネルをして、どん詰まりのヒットを打ち、最終回にはヘッドスライディングをして腰を擦りむきました。
そうして26年目の人生初日は始まったのでした。
[PR]

by konakadaichi | 2010-09-21 09:44 | ≪日々のできごと・思ったこと≫ | Comments(2)
2010年 09月 19日
大子町滞在制作6日目(ほんとの最終日)
f0089854_21342331.jpg

そしていよいよ大子町を離れる日。
昼まで仕上げをして、午後は水戸で友達の結婚式に出るという強行スケジュール。

仕上げというのは、気になってたこと、マインと通りを挟んで反対側の文房具屋さんと服屋さんの壁にマスキングペイントしていいよと言われていたのに、できていなかったので、その二面に仕上げとして、ペイントを施しました。

文房具屋さんの店長さんにはこれまでたくさんお話しをして、気をつかってもらいました。
文房具でしょーと描いている内に、「ありがとう」と描くアイデアが浮かびました。
えんぴつ、マジックゴブリンが、ありがとうと書いています。(写真)

服屋さんの壁には服でしょーと、いろいろな衣類のゴブリンが物干し竿に吊されている絵を描きました。

それらの作業は、とてもおだやかな気持ちで進めることができました。
単純に描ける幸せを感じていた気がしています。

それにしても日差しが激しくて、そのまま結婚式に行くためにスーツでいたもんだから、シャツなんて汗でびしょびしょに。
そこで嬉しいこと☆
その服屋のお母さんにそのことを話していたら、なななんとお店の白シャツをプレゼントしていただきました!
シンプルに喜ばれたというとだと思います。
そうやって一人一人に興味を持ってもらうことの積み重ねが、この事業の意義だと思います。
それが最後の時間だったもんだから、それはもう幸せな気持ちで水戸に向かう電車に乗りました。

そうして僕と大子町との最初のアクションは終わったのでした。


今は、結婚式が終わり、常磐線に揺られています。
今月二度目の結婚式ながら、やはり涙腺開放だったのでした。
制作の疲れもあったのかもね。
[PR]

by konakadaichi | 2010-09-19 21:34 |  ダイゴブリンマスキングペイ… | Comments(0)
2010年 09月 18日
大子町滞在制作5日目(最終日)
f0089854_2138575.jpg

f0089854_21385764.jpg

f0089854_21385757.jpg

f0089854_21385720.jpg

今日は大子町での滞在制作最終日。
朝まいんに着いたところから、大子中学生が待ってくれてて、午前中は美術部、お昼からは吹奏楽部の生徒とダイゴブリンマスキングペイントワークショップを行いました。
部活とは関係ない中学生にも参加してもらったり、顔なじみになってきた小学生たちも来てくれたりと、結局夕方ラストまでスルスルとワークショップは続いて行きました。
コミュニケーションをとりながらも、まとめあげようと、今日は僕もガンガン描いていきました。
中学生、部活問わずいいゴブリン描いてました!

そして無事、時間内にダイゴブリンマスキングペイント、完成させることができました!
僕と大子町の小中高校生との共同制作!さらにはちょこっと幼稚園児、大人の描いたゴブリンも入っています!作品のパワーはかなりのものです!

参加してくれたみなさま、支援していただいた関係者のみなさま、ありがとうございました。

夕方からは、大子町のイロドリ計画のメンバーと、僕より後、これからまいんで活動してくれる筑波大芸術の学生三名との顔合わせが行われ、その中でみなさまにペイントを見ていただきました。

雲南でもそうでしたが、僕はあくまで作品を作る立場なのだけど、そこには町作りが関連していて、結果、町作りに対して、多くのことを学ばせてもらっています。
それがまた僕の制作に跳ね返って来るときが来るのかもしれない、すでに弾んでいるのかもしれない。

芸術の喜びと苦しさ。

僕にとって、生きることが芸術だと自信を持って言える人間になりたい。

写真上の「ゴブリンアート」。
これは小学生が書いてくれました。
ゴブリン博士の呼び名も子どもがつけてくれたもの。
ゴブリンアートの言葉もすてきだわー!いただきます!
「ゴブリン博士ー!今日も会いに来たよー!」って。
僕の最大のサポーターは子ども達なのかもしれません。
[PR]

by konakadaichi | 2010-09-18 21:38 |  ダイゴブリンマスキングペイ… | Comments(4)
2010年 09月 17日
大子町滞在制作四日目
f0089854_2021057.jpg

f0089854_2021029.jpg

f0089854_2021012.jpg

ぷすんぷすんぷすん。

もう少ししたから町長さんとのお食事会にダイゴブリンチームで行ってきます。


今日は午前中最初からマスキングペイント作業。
昼過ぎまで通して、横長いガラス壁面の真ん中、大子町観光協会の中にペイントしました。
入って右側の壁は、りんごゴブリンだけで埋めて、りんごの壁を作りました。
りんごからでも、いろーんな表情。
受け付け上のガラス、カウンターの面には鮎など大子の特産品を題材としたゴブリンを描きました。

お昼を挟んで、観光協会入口に袋田の滝ゴブリンを描きました。(写真上)
四段あるというので、昨日見た記憶も頼りに四つの顔を持たせ、大きく描きました。

それからまずは児童クラブの子ども達が来てくれました。
15人くらい。
そして、おとついの続きということで、引き続きマスキングペイントを行ってもらいました。
ペイントは指定した面に収まりきらず、手前のパイプなどにも浸食。
すごいスピードとパワー。
見てー見てーとひっぱられ、体が10個ほしかった。
明日来れないからって「ゴブリンはかせまたやろう」なんてメッセージが描かれててぐっときました。

それから高校生4人が来てくれました。
高校生には、袋田の滝ゴブリンの両サイドに飛び散るしぶきゴブリンを描いてもらいました。
とて〜も縦長のやつや、工夫されたやつなど、いろいろなしぶきゴブリンを描いてもらいました。
児童クラブが終わっても描き足りない小学生にもしぶき作業に参加してもらいました。(写真真ん中)
高校生がいい感じに子ども達と接してくれました。ナイス!
その壁も埋まりだしたら、今度は子ども達を中心に背中に顔を描き合い出しました。
おっ!すてき!っとここまでは良かった。
だけどだんだんいたずらのようになってきて、テープをヒモ状にして遊び出す子がでてきだすとそれがあっという間に広まり、わーわーに収拾つかなくなっちゃいました。
子ども達が楽しむのは企画側としては嬉しいし、その発想、教育的にはいいことなのかも。
だけどそれではマスキングペイントの主旨から大きく外れちゃうし、歩道が狭いから危ない〜とハカセ、大テンパリ。
なんとか収まらせて終わらすことできましたが、その結果今は頭がぷすんぷすんぷすん。

でも切り替え!
明日はいよいよ最後の作業の日。
お昼過ぎには中学生も来てくれます。
ラストスパート、走っちゃうよー!
[PR]

by konakadaichi | 2010-09-17 20:21 |  ダイゴブリンマスキングペイ… | Comments(0)
2010年 09月 16日
大子町滞在制作三日目
f0089854_23482279.jpg

f0089854_23482275.jpg

f0089854_23482262.jpg

三日目は朝から下宿先で、塩田ゴブリンプロジェクトのポートフェリオ作成作業。
本当は作ったものを大子町に持ってきたかったのだけど、間に合わず。
やっぱり自分の中では塩田は大きなアクションだったので、大子の人に見てもらいたくて、作業の時間をもらい、ざっくりと作りました。

お昼前には、もはや貫禄の助手、愛ちゃんがつくばからかけつけてくれました!
愛ちゃんには今日から残りの期間、いろいろと制作サポートをしてもらいます。
心強いよ!

お昼後はダイゴブリンチーム4人で袋田の滝を見に行きました。
午前中雨が降っていたので、ものすごい水量、ものすごい勢いでした。
水しぶきがもはや大雨。
袋田の滝ゴブリンはそうとう激しい表情、表現になりそうです。

その後まいんにてマスキング作業再開。
児童クラブの小学生、今日はみんなでは来ることができなかったのですが、帰りがけに親御さんと横を通り、やってくーってペイントしてく子どもがけっこういました。
今日の作業時間は短かったのですが、そうとう世界に入っていくことができました。
気持ちよかった。

夕方からは、筑波大と大子町が連携して取り組んでいる事業、屋台研究会の話し合いがあり、僕も博士コスチュームを着たまま参加しました。
そして話し合いの流れの中、僕のゴブリンを商品パッケージに使ってみてはどうかというアイデアが。
出会いや流れは大切にした方がいいと思っています。
ので、承諾しました。
5日間の滞在から、大子町との関わりが広がっていくかもしてません。

明日は夕方から小学生、高校生も参加してくれる予定です。
そこまで集中して、どこまで進めることができるかが勝負。
コミュニケーションと集中の間のバランスのいい位置を探りながら、勢いよく作業に取り組んでいきたいです。

写真上は袋田の滝。
[PR]

by konakadaichi | 2010-09-16 23:48 |  ダイゴブリンマスキングペイ… | Comments(0)
2010年 09月 15日
大子町滞在制作二日目
f0089854_19122854.jpg

f0089854_19122879.jpg

f0089854_19122812.jpg

f0089854_19122866.jpg

眠たい朝で大子二日目の始まり。
そんな朝はコーヒーとエスカップで弱い胃にストレスをかけながらも身体に刺激を与えてしゃきっ!
その勢いで、まずはポスターの絵、三枚を仕上げました。
ポスター下には大子のアルファベットのゴブリン配置。
手描きのポスターっていいね。

それからお昼まではマスキングペイント。
コミュニケーションからアイデアを拾いたいんだけど、よく通るお年寄りの方からはなかなか聞き出せず。
明日はアイデアください〜のスタンスではなく、もっと世間話しな感じでやってみよう。

お昼は大子に来ていた大学の先輩とごはん。
活躍されてる先輩とお話しできて嬉しかった!

午後にはまいん2Fの児童クラブの子どもたちと一緒にダイゴブリンマスキングペイントワークショップ。
ちょこっとの説明で、みんなかなりゴブリン感覚をつかんでいました。
にぎやかな時間。
町長さんも登場。
この事業のテーマは「イロドリ」なんだけど、子ども達の表現はもちろんだけど、その存在自体がイロドリだと感じました。
動き、表情、高い声。イロドリでしょー!?

最後にガラスの内側フロアに、過去ゴブリン(立体)を展示しました。
雲南でも展示にはガラスケースをお借りしたんだけど、今回もいい感じのものがありました。
ガラスケースに入れるとなんだかゴブリンがひきしまります。
そして何より盗難の心配が無いのが嬉しいです。
制作中は絵本と作品集も展示しています。

明日は午前中、小観光で有名な滝を見にいきます。
短い期間だけど、様々な角度から大子を感じて、ゴブリンペイントに込めていきたいです。
ですので明日の作業は午後からになります。
[PR]

by konakadaichi | 2010-09-15 19:12 |  ダイゴブリンマスキングペイ… | Comments(0)
2010年 09月 15日
大子町滞在制作一日目
f0089854_1511418.jpg

f0089854_1511442.jpg

f0089854_1511482.jpg

バス乗り過ごしと遅刻を乗り越え、なんとか大子町まいんチームと合流したのはお昼。
昼食後、町長さんとお話し。
町民を巻き込んでの創作活動にとても協力的、興味を持っておられる方でした。
その後、いろいろな方に挨拶をしながらまいんを視察、ペイントの構想を練りました。

そして15時過ぎからペイント開始。
始まれば、通りかかる人や施設関係者に興味を持って持ってもらい、ヒントは止まらず、するすると進んでいきました。
ただ、まいんの中に人をいざなうようなカタチにはなかなかならず、どうしようかなーというところ。
だけど、自分からのヒントから生まれたゴブリンで装飾されたまいんには、きっと興味を持ってくれるはず!そうであってほしい!
そんなことを望みながら明日、さらにダイゴブリンマスキングペイント、拡張させていきまーす!
子どめ達には参加してもらえたら嬉しいな!

写真上はペイント前のまいん。
ガラス面中心にペイントしていきます。

写真真ん中は、大子町にはすでにいたー!
公民館で見つけたカボチャのゴブリン。

写真下は、夜開いてもらった歓迎会でみんなの目がいったメニュー表。
へんてこな名前、町のみなさまにおもしろがってもらえてまーす!
[PR]

by konakadaichi | 2010-09-15 01:51 |  ダイゴブリンマスキングペイ… | Comments(0)
2010年 09月 14日
茨城県大子町での滞在制作が始まります
f0089854_11502441.jpg

今日から土曜までの5日間、茨城県大子町(だいごまち)にて、マスキングペイントを主とした滞在制作を行います。
「まいん」というこの春オープンした文化施設があり、その施設にいろどりを与えようということで、声をかけていただきました。
建物外側壁面を、ザーーーっとゴブリンマスキングペイントでいろどります。

「ゴブリン博士のダイゴブリンマスキングペイント」

というのが企画の名前。
ダイゴとゴブリンでダイゴブリン。

この施設では今後も継続的に表現したい筑波大学芸術学生等に様々なアクションを起こしてほしいそうです。
今回の企画は、そのキックオフイベントと位置付けられています。

雲南では20日、今回はその4分の1の5日間の滞在。
どんなことが起こるのでしょーか!?
またブログで報告していきます。
[PR]

by konakadaichi | 2010-09-14 11:50 |  ダイゴブリンマスキングペイ… | Comments(0)
2010年 09月 09日
みんなのちからで!
f0089854_17422693.jpg

写真は今朝早朝の我が家です。

寝てる友達と朝日に照らされ並んだゴブリンが、相変わらずの僕の作業のギリギリっぷりを物語っています。


ゴブリン大量制作のお仕事は二部構成で、最初の方は僕一人でやりました。
その結果、疲労で腕がとっても痛くなっちゃいました。
きつかった。

だから後半の制作は、もう思いっきり大学の後輩に手伝ってもらって制作しました。
すると、なんだかうまくいっちゃって。
友達にやってもらった部分は確かに僕の質感とはやや異なってくるのだけど、そこに最後に手を入れるのは僕で、そこでうまくまとめられる、むしろ僕の表現の幅も広げてくれるような感覚もありました。
そして何より僕の体への負担が少なかった。

ちからになってくれたみんな、ほんとうにほんとうにありがとう☆
[PR]

by konakadaichi | 2010-09-09 17:42 |  その他ゴブリン研究活動 | Comments(0)