<   2011年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2011年 03月 28日
ミヤケンさんの自動販売機
f0089854_2273165.jpg

雲南市滞在中に、雲南と繋がるきっかけを作ってくださった先輩ミヤケンさんの絵の入った自動販売機を見せてもらいました。
写真は、全4種類の内の一つ、オロチのデザインのものです。
これらの自動販売機に描かれている絵は、数年前に行われたミヤケンさんのワークショップで子ども達とミヤケンさんによって描かれたもの。
作品の展示期間が終わっても、このように形を変えて作品が残っていくっていいな!
ミヤケンさんと子ども達の作品のパワーと雲南市の職員さんの強い気持ちを感じます!

できたらいいな、を実際に形にしてしまうってすごいことだと思います。
[PR]

by konakadaichi | 2011-03-28 02:27 | ≪その他美術関連活動≫ | Comments(0)
2011年 03月 25日
塩田小学生閉校式
f0089854_2204740.jpg

f0089854_2204799.jpg

f0089854_2204745.jpg

昨年の夏休みにゴブリン博士として活動させていただいた島根県雲南市の塩田小学校が今月で閉校となるので、その閉校式に伺わせていただきました。
無我夢中で振り絞った場所の、小学校としての最後の時間に立ち会いたくて。
夏にも塩田に来て手伝ってくれた、助手の愛ちゃんと一緒に行きました。

閉校式前日の19日に島根入りし、塩田小近くのおばあちゃんの家に泊まらせていただきました。
昨年夏もお世話になった家。
おばあちゃんも変わらず元気!
おこわ美味しかったです!

翌日20日午前中からは閉校式。
しめやかな雰囲気の中で式は進みました。
大正4年頃の昔の校歌を、おばあちゃんがしっかりと歌っていました。
130年の歴史を持つ学校の最後の時間。
涙している方もいました。

式の後には、伝統の塩小太鼓の演奏がありました。
全校生徒の9人の児童の迫力の太鼓。
圧倒されました!
しびれました!
スピーチ等でも特に6年生3人がよく頑張ってひっぱってました。
一年生の太鼓もまた一生懸命が伝わってきて良かった!
みんなかっこよかったよ!

その後、引き続き、「想い出を語る会」に移りました。
そこからは昼食も出て、お酒も出て、詩吟などの発表もあり、午前とは色が変わり、和やかに時間が進みました。
僕と愛ちゃんの席に用意されていた、名前の紙には笑ってしまいました!(写真真ん中)
また、僕は筑波大学という名前を背負ってここにいるんだなとハッとさせられました。
子ども達ともお話しできました!
さらに、子ども達と父兄のみなさまからの出し物の歌にも飛び入りで参加させてもらったり!
時間はあっという間に過ぎてしまいました。
バタバタしていてきちんとみなさまにサヨナラが言えなかったことが心残りです。
また、雲南に行った時には、塩田のみなさまにお会いしたいです。
また先生方にも、なかなか難しくはなると思いますが、チャンスを見つけて、作って、お会いしたいです。
本当にみなさま、昨年夏は貴重な経験をさせていただきありがとうございました!
これから僕の活動がどう変化していくかは分からないけど、大学院時代の大きな記憶として、これからに影響を与えていくものになると思います。
どれだけ言葉を並べてもきりがありませんが、きりが無いので、またきっと会いに行きます!

小学校向かいの交流センターのバス停にはまだゴブリンが残っていました。(写真下)
山ゴブリンはというと、この冬、雪が降るまでは元気だったそうなのですが、大雪に潰されて、今はまた雪の残る普通の山に戻っています。
でもきっと、みんなの記憶の中で山ゴブリンは生き続けていくと思います!

塩田のみなさまに再会し、また心一つ引き締まり、みなさまに喜んでもらえるよう、これからも頑張らきゃと 思ったのでした。
[PR]

by konakadaichi | 2011-03-25 22:00 |  雲南ゴブリンプロジェクト | Comments(2)
2011年 03月 18日
山口県滞在中
今週火曜から実家のある山口県宇部市に帰って来ている。
過去の記憶詰まる様々な場所を訪れている。



中学高校と通っていた美術研究所。
先生は以前と変わらずやさしかった。
中学校の時に作った絵本を読んだ。

通学路を通り、小学校、中学校まで散歩した。
高校の時に油絵の題材にした景色は10年前と変わっていなかった。
すれ違う小学生中学生がみんな自分から挨拶をしてくれた。
中学生の野球部のみんなの気合いの入った挨拶にはにやけてしまった。
すごいぞ川上っ子!

常盤公園に行った。
ペリカン飛び回っていた。
野外彫刻展の作品は、宇部に住んでいる時にはその凄さが分からなかったけど、離れてから見るとその辺が分かってくる。
筑波大学のクニヤス先生の作品、以前はあったのだが見当たらなかった。
退官されたカワグチタツオ先生の彫刻もあった。
小さな植物園に行き、食虫植物の口が閉じる瞬間を見た。


今は、宇部の、ゆっくりと流れる時間が心地いい。

こんなにゆっくりと家族と過ごすのも久しぶりだ。


明日から3日間、島根県雲南市に行ってくる。
去年の夏に活動した塩田小学校は、今年度で閉校。
その閉校式に参加することが目的。
お世話になった雲南市のみなさまとの再会が楽しみだ。
[PR]

by konakadaichi | 2011-03-18 19:32 | ≪日々のできごと・思ったこと≫ | Comments(2)
2011年 03月 15日
話すこと
f0089854_023539.jpg

震災から揺らいでいた心が落ち着くことがあったので記します。

今日、人と話しをする中で、昔の、小さかったときの話しを思い出し、話し始めました。
すると、するすると記憶の紐がほどけてきて、どんどん昔の記憶を思い出し、言葉にしました。
小学校のこと中学のこと高校のこと大学のこと。
どんどんとなだれ出る言葉に相手は笑ってくれて、僕は幸せな気持ちになりました。

会話って大事。

会話できる相手って大事。

道ですれ違った人に状況を聞いた時、その最後に「頑張りましょうね。」と言われました。

あったかい気持ちになりました。
[PR]

by konakadaichi | 2011-03-15 00:02 | ブログイラスト | Comments(0)
2011年 03月 14日
今を記す
f0089854_2415831.jpg

震災が起きて、頭がめまぐるしく動いている。

日常の尊さを感じている。

水、電気、食料の大切さを感じている。

こんな時に、僕は絵なんて描いてていいのか!?と思ったりもする。

だけど、僕が今までやり続けてきたこと。
僕は僕なりの日常を取り戻すために、ブログを更新しようと思う。

苦しいけれど、絵に向かおう。文章に向かおう。


被災して戦っているみなさまのご無事を祈ってます。
[PR]

by konakadaichi | 2011-03-14 02:41 | ブログイラスト | Comments(0)
2011年 03月 05日
ありがとう
遊んでくれてありがとう。

笑ってくれてありがとう。

手伝ってくれてありがとう。

叱ってくれてありがとう。

許してくれてありがとう。

優しくしてくれてありがとう。

見守ってくれてありがとう。


僕は抱えきれない程のありがとうを背負って生きているんだ。

僕はみんなに何を返すことができるだろうか。

そういうことか。

なんだか答えはシンプルな気がしてきたぞ。
f0089854_133552.jpg

[PR]

by konakadaichi | 2011-03-05 01:03 | ブログイラスト | Comments(0)
2011年 03月 04日
ひな祭りの日だったしね
ひな祭りの絵、描いてみました。
まんまだね〜。
f0089854_3411377.jpg

青いこと言うな〜ってまた思われるのだろうけど、
大学で後輩と接する中でよく思うことは、
歳ってそんなに関係無いな〜ってこと。
みんなすごいわ。
18歳とか19歳でもすごい。よく考えてる。しっかりしてる。
歳が違うことで違いを感じるのは、その経験量くらい。
経験が少ないからこそ一つ一つの事に感動できて、
どんどん成長していく後輩。
キラキラしてるよ。

僕はどんだけだめなんだって思う話は悲しくなるから止めとこう。

今日(昨日)は自分の中で短いスパンの中でだろうけど区切りをつけてみた日。
一つのきっかけとなってもらいたいです。

人は少なからず安らぎをつかまえるとその安らぎに埋もれ膨張してしまうものだろうけど、僕はそのふやけ具合が半端ないってことなのでしょう。
ふやけ、溶けてしまった自分は、その身体をナイフにでもピストルにでも姿を変え、やさしい人を傷つける。

人を傷つけちゃだめだよ。

僕はどんだけだめなんだって思う話は悲しくなるから止めとこうって言ったのに、結局その話になってるね。

やばいやばい。
口をつぐもう。

小さな孤独を獲得しよう。
[PR]

by konakadaichi | 2011-03-04 04:06 | ブログイラスト | Comments(2)
2011年 03月 02日
ループループ
頭の中で思考がループしてる。

自分の可能性を大きく見てみたり、小さく見てみたり。

ばたんばたんと頭の中の地平線が何度もひっくり返すようなことの繰り返し。

その度に世界の色が変わるので大変だ!

世界の色を求める必要の無い、安定した、平穏な世界に入った方がいいの?

何をもって成功かは言いがたいけど、成功に近いエリアに突き進みたい気持ちもあって。

その場所は、大きな快感に満ちあふれていて、それと同時にとっても不安定なエリア。

作品を社会に合わせることができるのでしょうか?

僕の作品は社会の中でどんな位置にあるのでしょうか?

似たようなことばかり考えている。

ステップアップしたい。

今夜も脳の発熱は止まらないよ。
f0089854_2455254.jpg

[PR]

by konakadaichi | 2011-03-02 02:46 | ブログイラスト | Comments(0)