<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2011年 05月 13日
Artists’ Action for JAPAN in Ibaraki に参加しました
先週末イーアスつくばにて行われた、AAfJ(Artists’ Action for JAPAN)in Ibaraki に参加しました。

『今回の東日本大震災を受けて「芸術で被災者の方々に何かできないか」と考えた美術大学卒業生を中心に有志が集まりました。
来場者には、アーティストたちが制作した作品から好きなものを選んで持ち帰っていただき、1点につき1,000円の寄付をお願いします。収益のすべてを、日本赤十字社を通じて被災地におくります。』(HPより)

描く行為が直接この度の災害の支援につながるこの企画に参加できてよかったです。
最初は、A4一枚の紙に絵を描くことで作品として成立させる感覚がうまくつかめませんでした。
このくらい?というような気持ちで描いていました。
それでも絵は売れるのだけど、優しさにフォローしてもらえているような気持ち、もっといい絵を手にしてもらいたいという欲求が強まりました。

そんな中会場を見て回っていると、一枚の絵に気持ちを乗せるようにして描く作家さんの姿を目にしました。
ゆっくりと、しっかりと描く姿勢。
僕も、一本一本のラインに、一体一体のゴブリンに命を乗せようと気持ちを引き締めました。
そこから後半はかなりつかめてきて、ゴブリンで絵にしていくことが見えてきました。

お客さんの要望もあり、二日目も最初だけ少し参加させていただきました。

二日間の経験でしたが、ゴブリン作品の新たな可能性を感じることができました。
実材で制作することの大切さを感じました。
一日目の夜なんて、すごく興奮!!してました。

お客さんもたっくさんで、
茨城、あっつかったです!

描いた絵の一部です。
f0089854_1564766.jpg
f0089854_157250.jpg
f0089854_157185.jpg

[PR]

by konakadaichi | 2011-05-13 02:01 |  その他ゴブリン研究活動 | Comments(2)
2011年 05月 07日
HAREKASA PROJECT のワークショップに参加してきました
『HAREKASA PROJECT』
ってのを大学の後輩が立ち上げて頑張っています。
みんなで傘に絵を描こう!その傘を持って出かけよう!というようなコンセプトのもと活動を広げている団体です。

なんとその企画を立ち上げるきっかけになったのが、3年前に僕が描いてプレゼントしてあげたペイント傘だったそうです。
このページで紹介してもらっています。
http://harekasa.jimdo.com/story/

今まで何度か傘に絵を描くワークショップを行ってきたそうなのですが、
今回、目黒のギャラリー「やさしい予感」
http://www.yokan.info/
にて行われたワークショップに参加させてもらいました。
この企画は、”アートによる心のケア”「HEART for JAPAN」プロジェクトの一つとして行われました。

f0089854_37335.jpg
f0089854_355640.jpg

自分の存在が、活動が、誰かの何かのきっかけになってくれることはとても嬉しいことです。
そんな連鎖を期待しながら、一つ一つやってくぞ。
f0089854_3212629.jpg

[PR]

by konakadaichi | 2011-05-07 03:21 | ≪その他美術関連活動≫ | Comments(2)
2011年 05月 06日
共同アトリエ・テンカウントに入りました
この春から近所の共同アトリエの一室を借りました。
そもそも大学を修了して、どこかに住まいを移そうかな〜とは思っていながら、
結局今年はつくばにいることになりそうです。

アトリエの名前は、
アートスペース・テンカウント
http://tencount10.exblog.jp/
筑波大学の卒業生の先輩方が立ち上げたアトリエです。
その一室を使い始めています。
その下の階にはカレー屋さんが入っているので、
僕のアトリエはカレーのにおいがするのです。わるくないのです。

自宅では、モヤモヤが始まるとどんどん大きくなるのだけど、
ここに来れば、なぜだか気持ちがスッキリします。
何かを進めたい時に、ここに来れば、頭も手も動きます。

生活する場所と、制作する場所を分けることって、大事なことなのかもしれません。
f0089854_144922.jpg

[PR]

by konakadaichi | 2011-05-06 01:04 | ≪その他美術関連活動≫ | Comments(0)