<   2016年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2016年 12月 19日
「ゆいぬ」と、筑波大学「結」プロジェクトのこと
f0089854_18265192.jpg

昨日(12/19)の嬉しい出会い。
つくばエクスプレスの中で偶然、筑波大学「結」プロジェクトのメンバーとお会いすることができました。

筑波大学発人工衛星の開発を進めるこのプロジェクトと関わったのは2013年より。
当時、プロジェクト応援キャラクターの公募があり、僕の制作した「ゆいぬ」を選出していただきました。

2014年の1号機ITF-1打ち上げ後には、2号機ITF-2の開発が進められ、今月ついに「こうのとり」6号機によってITF-2が宇宙に運ばれたとのこと。
この熱い時期に「結」プロジェクトのメンバーにお会いできて光栄でした!

公式サイトでも、ゆいぬは今も元気に走り回っています!!
ご興味がある方は是非今後も活動を追ってみてください。

筑波大学「結」プロジェクト
■ 公式サイト http://yui.kz.tsukuba.ac.jp/
■ facebookページ https://www.facebook.com/tsukuba.yui.project/
■ twitterページ https://twitter.com/yui_tsukuba


(↓この画像は公式twitterページより転載させていただきました。研究室には、ぬいぐるみとなったゆいぬがいるのですね。)
f0089854_21102655.jpg
f0089854_18272838.jpg

[PR]

by konakadaichi | 2016-12-19 18:42 | Comments(0)
2016年 12月 15日
気持ちゴブリン、増えてます! (12/15)
f0089854_154276.jpg

筑波大学附属病院1階ロビーでは、展覧会に関連した企画として、いつでも「気持ちゴブリン」がつくれます。
思ってた以上に意図が伝わっているようで、立ち寄る度に新たな気持ちゴブリンが増えています。
無人でも成立しているのは、見守ってくださっている病院職員さんや病院ボランティアの皆さまのおかげです。
みんなと一緒に生みだす場も、みんなと一緒につくっていることを感じます。
 
そして壁面が飽和したら、展示壁面の方へと気持ちゴブリン達を移動させています。
 
先日のクリスマスコンサートでは、背景の中でも生きていました!
 
管理をするために病院に立ち寄るとき、患者さんや職員さんとお話しをする時間がよくあります。
そのとき僕は、7年前のこの病院での滞在制作を思い出します。
感じる嬉しさは、変わっていません。原点のひとつを思い返せる貴重な活動となっています。
 
※ ↓ 期間が少し延びました!
===========
展覧会名:ゴブリンプロジェクト展~みんなと一緒に生みだすアート~
期間:2016年11月11日(金)~12月27日(火)
場所:筑波大学附属病院 A棟(外来棟)1~3階廊下 他
===========

f0089854_1543545.jpg
f0089854_159213.jpg
f0089854_1535118.jpg
f0089854_1533147.jpg
f0089854_154878.jpg
f0089854_15204589.jpg
f0089854_1535876.jpg
f0089854_1534190.jpg

[PR]

by konakadaichi | 2016-12-15 15:37 | Comments(0)
2016年 12月 06日
夕暮れ・グラデーション(12/6)
f0089854_178173.jpg

ふいに廊下の窓から見えて、引き寄せられました。
[PR]

by konakadaichi | 2016-12-06 17:12 | Comments(0)
2016年 12月 05日
「第4回つくばcinemaカフェ」にトークゲストとして参加しました(11/27)
f0089854_1338452.jpg

先日(11/27・日曜)、つくば市内(にれ工房)で開催された「第4回つくばcinemaカフェ」というイベントにトークゲストとして参加してきました。
このイベントは、大学の友人で映像作品をつくっている飯塚貴士くんの映像作品を中心に上映するというもので、もう4年目だそうです。
その中で飯塚くんにゆかりのある人をゲストとして招いて作品等についてトークをするという時間があり、今回は僕が参加するということになりました。

飯塚くん、またフリーアナウンサーの木村さおりさんと3人でお話しをしたのですが、時間を忘れそうなほど楽しくお話しができました。
つくばをルーツに持つ僕たちの共通点についての話しや、僕の活動を分析するためのヒントをつかめそうな話しもありました。

回を重ねる中でつくってきたと思われるあたたかい時間の中に、僕も入らせていただいたことがうれしかったです。
また、近くにいる人たちが作家を見守り支援する姿勢は、とても素敵だと思いました!
来場者のみなさま、またcinemaカフェ関係者のみなさま、ありがとうございました!

f0089854_1343987.jpg
f0089854_13513444.jpg

[PR]

by konakadaichi | 2016-12-05 13:51 | Comments(0)