<   2017年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2017年 10月 25日
気持ちゴブリン展の会期延長(筑波メディカルセンター病院 さくらひろば)

f0089854_21013482.jpg

筑波メディカルセンター病院(さくらひろば)で7月から始まっています「気持ちゴブリン展」の会期が、今年の12月まで延長されることとなりました。
好評だそうで、嬉しいです。
 
そのため、先日(10/17)はテープなどの補強作業を実施しました。
途中、興味を持っていただいた方には制作に参加していただいたりと、即興ミニワークショップのような状況にもなりました。
椅子に座って作業の様子を見ている方もいるようでしたので、作業中の振る舞いも意識するようにしました。
 
パネルの下には「ご感想ノート」を設けています。

何かを書きたい(アウトプットしたい)方もいるのではないかと思い、用意させていだきました。
一気にではありませんが、少しずつ、感想が増えてきています。
作品とともにノートにも目を通す、または言葉を残すというかたちも、今回の展示の楽しみ方だと思います。
 
(会期はまだ続くので、ささやかな公開制作やミニワークショップなどを実施してもいいなあと考えております。)

f0089854_21012788.jpg
f0089854_21014039.jpg
f0089854_21014728.jpg


[PR]

by konakadaichi | 2017-10-25 21:03 | Comments(0)
2017年 10月 24日
『ブタオの おひるね』が月刊絵本として再出版されました(2017年8月)
f0089854_23450141.jpg
f0089854_23415786.jpg

今年の8月に、チャイルド本社より月刊絵本として『ブタオの おひるね』が再出版されました(写真 上2枚)。
チャイルドブックの、2〜1〜0歳を対象年齢とした「はじめましてのえほん」のシリーズです。
定期購読されているご家庭や保育施設などに届いていることだと思います。
 
この『ブタオの おひるね』は、ブタオシリーズの月刊絵本 第二弾として2011年の9月に出版されていたもので、この度再出版のはこびとなりました。
サイズがひとまわり小さくなり、持ち歩きにも便利そう。本の形状や題字デザインなど、ほんの少し変化しています。
 
 
ちなみに第一弾は『ブタオの こんにちは』(2010年6月号)、
第三弾は『ブタオの はみがき』(2012年6月号出版)として3年続けて出版されました。
『ブタオの おひるね』初期バージョンの表紙と併せて、3冊の表紙も載せておきます(写真 下3枚)。
 
 
10年以上前、大学の授業から生まれたブタオが今も活躍しているなんてね。
6年ぶりの出版により、新しい子ども達に読んでもらえること、大変嬉しく思います。
 
 
** 出版社ウェブサイト **

f0089854_23205863.jpg
f0089854_23211881.jpg
f0089854_23205355.jpg

[PR]

by konakadaichi | 2017-10-24 23:52 | Comments(0)
2017年 10月 22日
10/29(日)に「えのきんが一周年記念の葉ロウィンにやってきた!」を実施します(龍ケ崎市市民交流プラザ)
f0089854_20283781.jpg
今月末の10/29(日)に、龍ケ崎市市民交流プラザ一周年記念イベントとして「えのきんが一周年記念の葉ロウィンにやってきた!」を実施します。
この施設には一年前のオープン時から関わっています。

** 昨年 **
施設横の大きな「えのきの木」をシンボルに見立て、その木から生まれた妖精「えのきん」を考案しました。
施設の看板用にロゴと絵(えのきの木とえのきん達)を描かせていただき、実物のえのきの葉を用いて「えのきん」をつくる「えのきんワークショップ」をオープニングイベントで実施しました。
昨年の作品は、今も入り口に展示されています。

** 今年 **
そして今回、開設からの一周年記念ということで、オープニングに立ち会った僕、またヴァイオリニストの方も再集結してお祝いのイベントを実施するはこびとなりました。
『ゴブリン博士のワークショップ』の中では、昨年と同様の「えのきんワークショップ」のほか、えのきんのお面づくり、えのきの木の前での記念撮影などを実施する予定です。

ちまたのハロウィンとは違う、すこし不思議な葉(ハ)ロウィンパーティーに、ぜひおいでください。
再会も、新しい出会いも、楽しみにしております。皆さまと施設の一周年をお祝いできたらと思っております。
(下に昨年のイベントの写真を少し載せます。最後の写真は、企画後に自主的につくられたものだそうです。)


** イベント詳細 **
日時 -- 2017年10月29日(日)10時〜16時(コンサート『ふれあい音楽会』は13時半〜)
場所 -- 龍ケ崎市市民交流プラザ
対象 -- 乳児〜小学生と保護者(中学生や大人の方のみでの参加も大歓迎です!)
※予約不要、入場無料です。いつでも入退室できます。駐車場有。
f0089854_20314357.jpg
f0089854_20302343.jpg
f0089854_20312301.jpg
f0089854_20310559.jpg
f0089854_20301585.jpg
f0089854_20305578.jpg
f0089854_20303564.jpg
f0089854_20313044.jpg
f0089854_20315068.jpg

[PR]

by konakadaichi | 2017-10-22 20:38 | Comments(0)
2017年 10月 20日
雨景色ゴブリンワークショップ(10/19.筑波大学附属病院 小児病棟)
f0089854_15333259.jpg
最近は雨が続いています。
ですので足も重くなりますが、だからこそと思い、昨日は小児病棟へ。小児科ゴブリンワークショップを実施してきました。

テーマを「雨景色(あまげしき)ゴブリン」とし、「雨つぶゴブリン」や「空の光ゴブリン」「家ゴブリン」「きのこゴブリン」を子ども達や保護者の方、保育士さんとも皆でつくりました。
普段は一体一体の作品で完結させるのですが、今回は作品をプレイルームの壁面にレイアウトして参加者皆で雨景色を表現しました。
そのため、どこに貼るかという創造の過程が増えたことで、貼りにいく子どもを皆で見守る状況が生じたり、病室でつくられた作品を保護者の方が貼りにきてくれるという流れもありました。
プレイルームの壁面を彩ることもできたので、今回参加できなかった子も見てくれそう。

この壁画を前にすると、外の雨もなんだかわるくなく思えてきました。

[PR]

by konakadaichi | 2017-10-20 15:34 | Comments(0)
2017年 10月 05日
おだんごゴブリンワークショップ(10/5.筑波大学附属病院 小児病棟)
f0089854_19421154.jpg

今日の小児科ゴブリンワークショップでは、昨日は十五夜だったということで、おだんごゴブリンづくりを実施。

今回は、参加者皆での合作をねらいました。
写真は参考作品のみ二段ですが、最終的には五段の立派なおだんごの山が、プレイルームの壁面に表現されました。
中には、絶妙なうすピンク色をした作品も。さくらもち? 毎回、参加者の工夫を目にできます。貴重な経験です。

マグネットでついているので、一時的な合作を経て、それぞれの手元に戻る流れをイメージしてます。
[PR]

by konakadaichi | 2017-10-05 19:42 | Comments(0)