人気ブログランキング |
2009年 12月 16日
頭がぐるぐる
僕の表現とはなんなんだろう。
モノを作ったり絵を描いたりすることなんだと思っていたのだけど、そこだけじゃない評価のされかたもしているようで、不思議おもしろい。
世界はずーーーーっと広いもんだと思っているけれど、足を踏み入れてみれば案外小さいのかなあ。そんな訳ないか。知らないんだ。知らないことは、時には恥ずかしいことで、時には大きな強みになる。それが若さなのか。
例えば僕の人格も表現なのか。
そうだとしたら僕に関わる人々は僕の表現に触れることになる。僕の表現を鑑賞したことになる。のか?
病院ゴブリンは、博士とか名のって何か手を動かしている僕、という飾りつけがうまくいったのかもしれない。飾りをまとった僕の人格と触れることが、僕の表現の中に入っていくこととなったと言えるのかな。飾りをまとった僕は最強(?)になったような気持ちになる。


たとえ表現がただモノを作る行為を越えて、コミュニケーションのような形にならない世界に広がりをみせたとしても、そこから再びモノを作ってみた時、感性的な部分がより満たされて挑めそうな気がする。人間と関わりを持てるようないろいろなみずみずしい経験もきっとそうで、表現者としての感性をいっそう磨いてくれそうな気がしている。

なんだか今夜は頭がぐるぐる。
ともかくそんな肩に力を入れず、媒体を気にせず、おおらかな気持ちで表現活動を行っていきたいなあ。
f0089854_3235142.jpg


by konakadaichi | 2009-12-16 03:23 | ≪日々のできごと・思ったこと≫ | Comments(0)


<< ひろがるひろがれ      ディスカッションの様子 >>