人気ブログランキング |
2010年 07月 27日
7/27更新 大東中ワークショップ&雲南総合病院展示
f0089854_17191992.jpg

f0089854_17191932.jpg

f0089854_17191978.jpg

f0089854_17191966.jpg

昨日の午前中は大東中学校のクリエイティ部の生徒さん達と、石に顔を書く「石ころゴブリン」、紙コップに顔を書く「紙コップゴブリン」制作ワークショップを行いました。

石ころゴブリンは、石が元からいろんな形を持っているので、その形を生かすように、石としっかり対話して、命を込める気持ちで作ろうね、みたいなことをいいながら作ってもらいました。
一つとして同じ表情の無い、様々な表情が生まれました。

紙コップゴブリンですが、紙コップのっぺりした形をどう生かすのかなと見ていたら、なんと折り目をつけたりつぶしたりして形の個性を出し、そこに目鼻を発見していくという表現を行う人が多かったです。
様々な形が生まれてくるその発想みたいに、ワークショップをすることで、その経験が自分に跳ね返ってくる感じがしておもしろいです。


午後は雲南総合病院で、小児科前の壁にマスキングテープでペイントを行いました。
最初に「unnan」の文字ゴブリンを描き、それから、雲南で生活する中で頭に残ったモノなどをゴブリンに変身させた表現、例えば、自転車ゴブリン、葉っぱゴブリン、太陽ゴブリン、病院だから、注射器ゴブリンなどを壁いっぱいに描きました。
シルバーのタイルにブルーのテープが映えました。

あと、過去に筑波大学付属病院で制作したゴブリンを展示するスペースを作りました。
ちょうどいいガラスケースを見つけてもらったので、いい感じに展示できました。

病院の方々の反応は良く、ペイント中にたくさん話しかけられました。
病院ゴブリンにも興味を示されてるようでした。

サポートしてくださった病院スタッフの方、ケースを運んでくださった市役所の方には大感謝です。

雲南総合病院では、31日(土)の13時より、顔ゴブリンを病院の中で見つけていくワークショップを行います。


昨日は疲れました。
今日はインターバルと思って、ゆっくり過ごそうと思います。
明日は午後から、大東小学校、いくつかの児童クラブで、なんでもゴブリンワークショップを行います。

つくばとはまったく違うこの生活、つくばでは、やらなければいけないことに追われているイメージが強かったのですが、ここ雲南では、向かうべき目標が見えているので、その日やるべきことが明確に見えます。
電波がないのもあいまって、とてもシンプルな生活を送っています。

by konakadaichi | 2010-07-27 17:19 |  雲南ゴブリンプロジェクト | Comments(2)
Commented by 福島光浩 at 2010-07-28 06:54 x
お世話になります。
雲南満喫してもらっているようで何より!
昨日、病院も覗きに行きましたよ。病院関係者の皆さんもワクワク、ドキドキ、よろこんでおられるようですね。
子ども達の様子が目に浮かびます。また、現場にお邪魔させてもらいますね。
Commented by konakadaichi at 2010-09-27 20:44
>福島光浩さん
4月に雲南市と出会ったばかりだとは思えない、すばらしい時間を、この夏雲南市で過ごすことができました。
活動を見守っていただきありがとうござました。
また機会がありましたら、雲南市でさらに楽しいことができたらと、ワクワクしております!


<< 7/28日更新 今の住まい      7/25更新 今夜から第二ステ... >>