人気ブログランキング |
2013年 08月 20日
こそぐったい
f0089854_11344442.jpg

耕三寺博物館での大理石ゴブリンワークショップの様子です。最初のお客さん。みんな汗びっしょり!元気な三人兄弟!

この夏の生口島と雲南での滞在でも、多くの人に出会いました。
アーティストとしての人との出会いは、いつも僕の背中を押してくれます。

夕暮れどき、涼しくなった時間帯に来たお母さんと娘さん、そして僕の三人での小さなワークショップ。
やさしい親子の会話は僕の心にもやさしかったです。

回を重ねるごとに、つくったもの、つくることを通してのコミュニケーションの可能性を感じます。
僕自身はそうすることで鑑賞者と良いコミュニケーションがとれていると思います。
良いコミュニケーションとは、けしていつでも同じ方向を向き合うことだけではなく、違う方向だと感じ合えることも含むと思います。
同じ舞台に立つことだと思います。

外に出て作品をつくること、そうして人と関わることは、僕にとってはなんともこそぐったい行為なのです。
こそぐったいってのは、なんだか生きてる感覚の真ん中あたりな気がします。

by konakadaichi | 2013-08-20 11:34 |  生口島でのゴブリン | Comments(2)
Commented by えりりん at 2013-08-22 20:53 x
耕三寺では、偶然のステキな出会い、ありがとうございました。

我が家では、毎日のように何か作成してます。只今は、ペットボトルキャップや、ビールの王冠を使って作成中♪この夏、ゴブリン博士との出会いは、ステキな宝物です。     感謝!
Commented by konakadaichi at 2013-08-23 20:41
>えりりんさん
みんな工作好きでしたね!盛り上がってくれて嬉しかった。
あれから数日、たくさんの大理石ゴブリン達が生まれました!

出会いってほんと素敵ですね!
楽しんでいただきありがとうございました!

また島にいきますよー!!


<< ガムテープゴブリン      バス停ゴブリン >>