人気ブログランキング |
2017年 11月 22日
企画展「オソレイズム」の記録集が現地にて販売中です

f0089854_19024325.jpg

福島県の猪苗代町にある、はじまりの美術館で開催された企画展「オソレイズム」に参加したのは、昨年(2016年)の夏から秋にかけて。
そして今年、展覧会の記録集が完成し、美術館内でも販売されているそうです。(1冊 500円)
出展作品の写真や情報が詰まった一冊です。

・・・・・

幼いときから、僕は確かにオソレ(畏れ、恐れ、怖れ…)てきたが、そのオソレは、現在、制作や思考に向き合う日々への前提なのかもしれない。

(建物の)はじまりゴブリンは、磐梯山を見つめています。
記録集の最終ページ、大内郁さん(アーツカウンシル新潟)からの言葉の中には、そのはじまりゴブリンの外界へのまなざしにも触れながら「「オソレ」とは、私はかくも小さな存在であると思わせてくれる何かである。」とありました。
おそらく僕はこれからも、オソレながらも、自分の小ささに幾度も直面しながらも、時間の中で物質や自然や他者の気持ちと対峙しながら、やっていくのだと思います。

by konakadaichi | 2017-11-22 19:08 | Comments(0)


<< (ミニ)気持ちゴブリンワークシ...      「あふれる気持ちゴブリン展」に... >>