2017年 12月 23日
2大学の授業内で、制作活動について発表しました(12/6、12/19)

f0089854_19510040.jpg

先週(12/6)は筑波大学の授業内で、今週(12/19)は日本大学大学院の授業内で、これまでの制作活動についての発表を行いました。

2003年頃から現在を、制作スタイルの変化や、立場や社会背景の変化、感動や喜びに苦しかったことも含めてお話ししました。
そして授業の最後には、ミニ気持ちゴブリンワークショップを実施して制作体験もしてもらいました。
150名以上の受講者となった筑波大学の授業では、受講者の作品が集合した大きなハート型ができました。動きのあるかたちに感じます。
一方、日本大学の受講者は少人数。留学生が多かったので、作品にはその雰囲気が現れているのかな。
記入していただきた感想からは、気づきやパワーをいただくことができました!

どちらの時間も、とても貴重な経験となりました!

筑波大学授業:写真1~6番目
日本大学授業:写真7~9番目

f0089854_19420443.jpg
f0089854_19355422.jpg
f0089854_19362306.jpg
f0089854_19370137.jpg
f0089854_19350630.jpg
f0089854_19351442.jpg
f0089854_19352545.jpg
f0089854_19370830.jpg


[PR]

by konakadaichi | 2017-12-23 19:54 | Comments(0)


<< 小児病棟にて「かがみもちゴブリ...      先週に続き「ツリーゴブリン」づ... >>