2018年 05月 17日
小児入院病棟で「段ボールゴブリン」づくり(5/16、筑波大学附属病院)
昨日は週に一度の小児科ゴブリンワークショップを実施してきました。
お題は「段ボール」。
以前から「お題+僕の顔」で表現してくれている女の子に再会。
今回は、お腹の扉の中にメガネを外した僕がいるという凝った作品が誕生! すごい・・!
また工作好きな男の子は、2作目には僕の意図よりもずっと小さくて毛糸のしっぽを持つ、創造的な作品を生み出しました!

最近は午前中に実施することも増えてきています。
子ども達の雰囲気も夕方とは少し違ってて、興味深いです。

f0089854_11321873.jpg
f0089854_11322787.jpg


[PR]

by konakadaichi | 2018-05-17 11:35 | Comments(0)


<< さくらゴブリン再び(2018....      つくばみらい市のケーキ屋さんに... >>