2018年 06月 28日
さくらゴブリン再び(2018.3~6、筑波メディカルセンター病院)
筑波メディカルセンター病院に、最初に「さくらゴブリン」を展示したのは2014年夏のこと。(2014.7)
f0089854_14555742.jpg
改修工事中の仮壁に展示した作品は、壁面を解体した後、作品自体も壁面から剥がして保存していました。(2017.10)
f0089854_14561675.jpg


あれから4年近く経ち、この春、満開の桜が咲いた日に、その仮壁があった付近の廊下壁面に再展示しました。(2018.3)
4年前と同様に、一般の患者さんや職員さん達やにもご参加いただけるワークショップも同時に行いました。
さくらゴブリンは、向き合う両壁面に大きく広がりました。
f0089854_14370228.jpg
f0089854_15032473.jpg
f0089854_14281609.jpg
f0089854_14273596.jpg
f0089854_14274064.jpg


そして2ヶ月半の展示期間を経て、今月(6月)、展示をコンパクトなかたちに縮小しました。(2018.6)
とりあえずこの形で、展示は残っていきそうです。
またいつかの春に、さくらゴブリンが広がるかもしれません。
f0089854_14275523.jpg

[PR]

by konakadaichi | 2018-06-28 15:06 | Comments(0)


<< Couta7月号に記事が載り、...      小児入院病棟で「段ボールゴブリ... >>