人気ブログランキング |
2019年 02月 10日
結婚式でゴブリンワークショップ(2/3)
f0089854_19550632.jpg

先日、2012年から2013年頃の滞在制作時にお世話になった方の結婚式に出席してきました。その新郎と事前に電話で話したことと、他にも当時お世話になった方々と再会できそうだったことから、今回の場ではアーティストとしての自分の姿を見せることがふさわしいと感じました。そこで、前夜に制作した当時の思い出ペイントネクタイを身につけ、小児病棟で実施してる1ワークショップ用の材料を持って会場に行きました。

やや緊張もしましたが、中盤には場の雰囲気にものってきて、席向かいの女の子に紹介して作ってもらうことができました。生演奏の音の中で、手を動かしていました。

途中、席に来ていただいた親族の方から絵を描くことが好きな子どもがいるから、あとで席に来てほしいと言われた頃、ささやかな流れを感じました。その流れをたぐるように、終わり間際にその席に行って、当然、?な顔もあるなかでなんとか立場を説明しながら、制作開始。そしたら元気な男の子がひっぱってくれて、そこに生じた盛り上がりを広げるように、向かいの子にも作りながら投げかけていきました。

制作終わりと式の終了が重なって、締めの集合写真では作品を腕につけて参加してくれる子もいました。何度もお礼を言ってくださるご家族もいらっしゃいました。この「輪っかゴブリン」ワークショップの手軽さと拡張性を再確認することもできました。

枠が無いなか、偶然の出会いから生まれる、予測が難しい活動。ふるまいが試される時間とはなりますが、そこから得られる喜びも、また特別であるのだと確認することができました。

式の前、電話で話しながら一緒に想像を膨らませてくれた新郎に、感謝の気持ちと、おめでとうございますの気持ちを込めて。

f0089854_19532982.jpg
f0089854_20132928.jpg
f0089854_19543777.jpg
f0089854_19544518.jpg
f0089854_19523422.jpg
f0089854_19551662.jpg


by konakadaichi | 2019-02-10 20:20 | Comments(0)


<< 先どりの桜、咲きました!(3/...      2018.9「遠山家で民具ゴブ... >>