カテゴリ:未分類( 185 )

2018年 02月 19日
「ひといちゴブリン」のディスプレイ展示(岩手県遠野市一日市商店街)
f0089854_19402719.jpg
f0089854_19403729.jpg

岩手県遠野市の一日市(ひといち)商店街に、3年間の「ひといちゴブリン」制作が詰まったディスプレイ展示が行われています。
場所は三田屋の道に面したショーウィンドウです。
先月1/14の「ホップでひといちゴブリン!with遠野緑峰高校」で制作されたホップ紙によるランプシェードが光っています。

遠野緑峰高校と遠野中学校の生徒の力、商店街の人々、遠野関係者の人々の力による、ひとつのかたちです。

[PR]

by konakadaichi | 2018-02-19 20:46 | Comments(0)
2018年 02月 11日
インタビュー記事が、茨城県ウェブサイト「いばらき移住なび」に掲載されました
f0089854_17591315.jpg

インタビュー記事が、茨城県のウェブサイト「いばらき移住なび」内のコーナー「いばらきと暮らす」に掲載されました。
http://with.iju-ibaraki.jp/work/607

僕は小学2年までは石川県、小学3年から高校3年までは山口県で暮らし、大学進学で茨城県に来ました。
そしてこの土地での時間も経過し、今では最も長く暮らした土地が茨城県となりました。
最初のゴブリン作品の展示、初めての滞在型の制作活動と、ともに茨城でのもの。
こうした制作活動のきっかけの場、茨城への恩返しにもなればと思い、インタビューに応じました。
この土地に暮らし励む「人」の姿がほんの少しでも伝わればいいのかなと思います。

この記事のために活動中の取材に応じていただいた、龍ケ崎市市民交流プラザ関係者のみなさま、筑波大学附属病院関係者のみなさま、どうもありがとうございました。
また取材関係者のみなさまにも感謝いたします。

挑戦の日々は続きます。自分の未熟さと付き合いながらも、少しでも成長できること望み、あきらめず、これからも頑張って参ります。

[PR]

by konakadaichi | 2018-02-11 18:06 | Comments(0)
2018年 02月 02日
「雪ゴブリン」づくり(2/1、筑波大学附属病院 小児病棟)
f0089854_19033850.jpg

昨日は小児病棟で「雪ゴブリン」づくりを実施しました。(2/1、筑波大学附属病院 小児病棟入院エリア)

今回は初めての試みとして吸盤を使用。これで窓ガラスなど展示できる場所が広がりました。
遊びの部屋、ベッドサイド、どこに展示されるのか、移動するのかが今後また楽しみ。
サイズ感と用意した道具から、後半にはお面づくりが始まり連鎖していきました。創造の本質に近づいた!?時間となりました。

雪ゴブリンが生まれた翌日の今日、つくばにも少しのあいだ雪が降りました。

[PR]

by konakadaichi | 2018-02-02 19:05 | Comments(0)
2018年 01月 25日
小児病棟にて「太陽ゴブリン」づくり(1/25、筑波大学附属病院)

f0089854_21154304.jpg

本日は小児科ゴブリンワークショップの日。2年前くらいに一度行った「太陽ゴブリン」づくりを、再度実施しました。(1/25、筑波大学附属病院小児病棟入院エリア)
最近は雪が降ったり気温も低いので、太陽ゴブリンが生まれるといいかもしれないと思って。

ワンパターンになることを避けるため、パーツには寒色系も取り入れて、そこには自由度をプラス。
結果、前回実施時よりもなかなか盛り上がったと思います。存在感のある作品が多々誕生しました。
参加に慣れている子以外の、初めて参加する子にも伝わっていてよかった。
最後、小さな過去作品に興味を示していた子がいたので、一緒に小さな太陽ゴブリンもつくりました。
相手の反応を受け、僕も初めてのことができるってのは、それはまたとても嬉しいこと。

f0089854_21153774.jpg


[PR]

by konakadaichi | 2018-01-25 21:19 | Comments(0)
2018年 01月 19日
「貼りパネゴブリン」づくりを実施(1/18、筑波大学附属病院小児病棟)

f0089854_04235878.jpg

本日(1/18)、筑波大学附属病院小児病棟の入院エリアにて、「貼りパネゴブリン」づくりを実施しました。
貼りパネとは、ポスターなどを貼るスチレンボードの片面が粘着面になっている材料を指しています。
それを小さく切ったものを用意しておき、参加者にはペンで描いてもらいました。

遊びの部屋に入ると、先週参加した子が待っていてくれました。
たくさんの子ども達に参加していただくことができました。
少し年上の子たちは、とにかく数をつくる!髪の毛を描き、家族を表現している子もいました!
少し年下の子たちは、お母さんと一緒に制作。ペンによる抽象的なペイントが、側面にまで届いている子もいましたよ。
たまたま簡単な材料の回だったので、車椅子の子も膝の上でつくれていて、よかったです。


[PR]

by konakadaichi | 2018-01-19 04:28 | Comments(0)
2018年 01月 19日
偶然の出会いから、気持ちゴブリンづくり(1/15、筑波メディカルセンター病院)

f0089854_04121405.jpg
f0089854_04294894.jpg

今週の月曜日(1/15)、メディカルセンター病院の展示の状態を確認しに行ったところ、子ども達が感想ノートを手にしていました。(2人とも、感想を書いてくれていました!)
そこで、そのご家族に声をかけて、制作の経緯を説明し、つくってみようという流れに!
予定はしていませんでしたが、こういった自然に発生するかたちも良い感じ。

制作には子ども達とおばあちゃんが参加しましたが、お母さんはサポート、おじいちゃんは見ていて、お父さんは声をかけるというように、それぞれのスタイルでワークショップに関わっていただきました。

完成後、おじいちゃんがお孫さん達に毎日観にくるよ!って。
偶然の出会いからでしたが、実施できてよかった。


[PR]

by konakadaichi | 2018-01-19 04:17 | Comments(0)
2018年 01月 16日
一昨日(1/14)の遠野市でのイベント「ホップでひといちゴブリン!with遠野緑峰高校」は無事終了したそうです!

f0089854_19142975.jpg

一昨日(1/14)に岩手県遠野市で実施されたイベント「ホップでひといちゴブリン!with遠野緑峰高校」は、無事終了したそうです!

僕は今回現地に行けなかったのですが、遠野のみなさまに活動を実施していただきました。
当日は、50人以上の一般参加者に来場していただき、21基のランプシェードが完成したそうです!

遠野のホップ×一日市商店街×ゴブリン作品がひとつのかたちになりました。
高校生達が大変頑張ってくれて、キラキラしていたとのこと。
そんな彼らとのふれあいと制作を、お客さまも楽しんでいる様子だったそうです。

遠野緑峰高校草花研究班のメンバーのみなさまをはじめ、関係していただいたみなさま、どうもありがとうございます。
遠野の方々とつくりあげた一昨年・昨年度(「ひといちゴブリン」は遠野中学校の生徒が制作)が今回につながったことを思うと、こうして活動が根付きつつあること、大変嬉しく思います。

まだ設置できてないそうですが、ランプシェードが一日市商店街に並ぶ日がとても楽しみです!

(画像の後半の3枚は前日準備の様子です)

f0089854_19142267.jpg
f0089854_19143704.jpg
f0089854_19145847.jpg
f0089854_19144461.jpg
f0089854_21384898.jpg
f0089854_19151595.jpg
f0089854_19150777.jpg
f0089854_19201172.jpg
f0089854_19141546.jpg


[PR]

by konakadaichi | 2018-01-16 21:52 | Comments(0)
2018年 01月 13日
明日(1/14)は岩手県遠野市で「ホップでひといちゴブリン!with遠野緑峰高校」が開催されます!
f0089854_16590645.jpg

一昨年度より継続している、岩手県遠野市の一日市(ひといち)商店街での「ひといちゴブリン」活動を今年度も実施します。イベント名は「ホップでひといちゴブリン!with遠野緑峰高校」です。
三年目の今回、僕は現地に行けなかったので、地域のみなさまが中心になっての実施になります。僕はつくばより、画像データ作成などの後方支援に関わりました。

岩手県遠野市はホップの産地として有名です。
今回は、ホップのつるから和紙を作る研究を続けている遠野緑峰高校草花研究班のみなさまにご協力いただき、「ひといちゴブリン」をレイアウトしたホップ和紙のランプシェードとしおりを制作します。
またランプシェードは制作後、商店街のディスプレイに活用させて頂きます。(しおりはお持ち帰りできます)

先日(1/9)には、高校生たちが一日がかりで事前準備(木枠の色塗り作業や組み立て講習)に取り組んでくれたそうです。
これまでも一緒に企画をつくってきた松田松林堂の松田さんには、企画をとりまとめていただいています。

本番はいよいよ明日(1/14 日曜日)です!
つくばより、イベントの成功を願っています。 

==========
昨年までの活動について、松田さんによるfecbook記事より転載させていただきます。

「【ひといちゴブリンとは?】
ポスターが出来上がりました。賑やかに周りを囲んで応援しているのが「ひといちゴブリン」です。
「ゴブリン博士」こと筑波大学の小中大地さん監修・御指導のもと、遠野中学校の一日市商店街活性化チームと一緒に、2015年2016年に制作しました。
生徒達にはまず商店街のお店を1軒ずつ訪ね、その店の歴史や店主の生業への想い、商店街の実情を聞き取ることから始めてもらいました。
その学びと感じたことを背景に、目には見えないけれどそのお店にずっといて、見守ったり応援してくれるような存在を形に表すとしたら…と中学生それぞれが一生懸命考え作ってくれたものが「ひといちゴブリン」なのです。
こうして生まれたゴブリン達には、1つ1つ名前や性格などのプロフィールもあります。当日はそれらも展示して皆さんに見て頂きたいなと考えています!」
==========

協力:
岩手県立遠野緑峰高等学校
遠野市
遠野みらい創りカレッジ
株式会社シオン
協同組合ノッチアート遠野
一日市商店街のみなさま ほか
f0089854_16565782.jpg
f0089854_16570213.jpg
f0089854_16590024.jpg

[PR]

by konakadaichi | 2018-01-13 17:04 | Comments(0)
2017年 12月 31日
小児病棟にて「かがみもちゴブリン」づくり(12/28、筑波大学附属病院)
f0089854_12011628.jpg

お正月、入院している子ども達のベッドサイドに居ればいいなと思い「かがみもちゴブリン」づくりを実施しました。(12/28、筑波大学附属病院 小児病棟)
 
数年前にワークショップに参加してくれた子との嬉しい再会もありました。制作中も様々な質問を受けました。
 
帰りがけ、入院が続いていた子のお母さんより、複数のワークショップを通して、子どものできることが増えていく様子を見ることができたと、嬉しい声をいただきました。
 
(写真は、別の場所で見つけた本物と一緒に。)


[PR]

by konakadaichi | 2017-12-31 11:55 | Comments(0)
2017年 12月 23日
2大学の授業内で、制作活動について発表しました(12/6、12/19)

f0089854_19510040.jpg

先週(12/6)は筑波大学の授業内で、今週(12/19)は日本大学大学院の授業内で、これまでの制作活動についての発表を行いました。

2003年頃から現在を、制作スタイルの変化や、立場や社会背景の変化、感動や喜びに苦しかったことも含めてお話ししました。
そして授業の最後には、ミニ気持ちゴブリンワークショップを実施して制作体験もしてもらいました。
150名以上の受講者となった筑波大学の授業では、受講者の作品が集合した大きなハート型ができました。動きのあるかたちに感じます。
一方、日本大学の受講者は少人数。留学生が多かったので、作品にはその雰囲気が現れているのかな。
記入していただきた感想からは、気づきやパワーをいただくことができました!

どちらの時間も、とても貴重な経験となりました!

筑波大学授業:写真1~6番目
日本大学授業:写真7~9番目

f0089854_19420443.jpg
f0089854_19355422.jpg
f0089854_19362306.jpg
f0089854_19370137.jpg
f0089854_19350630.jpg
f0089854_19351442.jpg
f0089854_19352545.jpg
f0089854_19370830.jpg


[PR]

by konakadaichi | 2017-12-23 19:54 | Comments(0)