人気ブログランキング |
カテゴリ: 病院ゴブリン博士展( 20 )

2014年 12月 26日
ご家族連れにも来ていただいています!
f0089854_1133817.jpg
開催中の「病院ゴブリン博士展」ですが、昨日は3組のご家族が観に来てくれました。
みなさんガムテープゴブリンワークショップに参加してくれました。
夕方には小児科ワークショップに出ていたので1組の親子には会えなかったのですが、生まれたてのガムテープゴブリン達が現れていました!
こういった間接的な関わり方にも、また良さはあるのではないでしょうか。
どの様に楽しんでいかれたのか、想像する余地があります。

年内の展示は、今日までです。
いよいよ展示も折り返し。
期間は来年1月いっぱいです。

今日もデスクについています。
少し冷たい空気が、心地いいです。

by konakadaichi | 2014-12-26 11:39 |  病院ゴブリン博士展 | Comments(0)
2014年 12月 24日
展覧会で嬉しい再会
f0089854_17353071.jpg
香港から帰ってきています。
今日は「病院ゴブリン博士展」に、2009年の病院での活動で出会ったご家族が来てくれました。
当時出会った女の子は、すっかり大きくなっていました。
こういった時間軸を持った人との関わりは、ゴブリン制作活動のひとつの大きな喜びです。
その子のリクエストに答え、マスキングテープの壁画には、一体の新しいゴブリンを増やしました。
「電車ゴブリン」です!
写真の中のてっぺんのゴブリンです。
展覧会は、今日も育っています。

by konakadaichi | 2014-12-24 17:38 |  病院ゴブリン博士展 | Comments(0)
2014年 12月 17日
「病院ゴブリン博士展」の模様がACCSニュース内で放送されます
f0089854_10302025.jpg
開催中の「病院ゴブリン博士展」ですが、先日つくば市のケーブルテレビ局ACCSさんに取材をしていただきました。
その模様が、今月のACCSニュース内で放送されます。

放送日程です。
・期間
12月17日〜12月23日
・放送時間
7:45〜
10:45〜
12:45〜
18:15〜
20:15〜
(1日5回)

ACCSのケーブルが導入されている建物で、地上デジタル11chで視聴することができます。

ご視聴可能な地域の方は、是非ご覧いただけたらと思います。

by konakadaichi | 2014-12-17 10:32 |  病院ゴブリン博士展 | Comments(0)
2014年 12月 15日
「病院ゴブリン博士展」にてガムテープゴブリンワークショップ開催中
「病院ゴブリン博士展」では、常時ガムテープゴブリンワークショップを開催しています。
今日はたくさんの学生さんに参加していただくことができました。
出来上がった作品は、博士デスクの後ろに貼っていっています。大分賑やかになってきました!
ワークショップ後にはイスゴブリンが出現!気が抜けません!
展覧会会場は、徐々に変化しています!
f0089854_19454977.jpg
f0089854_19464860.jpg
f0089854_19461372.jpg
f0089854_19455927.jpg


by konakadaichi | 2014-12-15 19:50 |  病院ゴブリン博士展 | Comments(0)
2014年 12月 13日
ライブペインティングのレポート
f0089854_18515148.jpg
f0089854_18514151.jpg
f0089854_18585749.jpg
f0089854_18515794.jpg
先日行ったライブペインティングの報告です。
今回はマスキングテープを画材とし、12時から18時までの6時間を開催時間としました。
よく行っている、参加者が実際に制作できるワークショップとは異なるかたちで、今回描くのは僕だけとしました。
ただ、僕は描く際に、ゴブリンとするもののヒントをなるべく来場者からもらうかたちで、来場者の存在を作品に反映させていきました。
例えば、「温泉が好きだから、温泉のゴブリンを描いて!」という感じ。
あとは病院に関連するもののゴブリンを描いていくこととしました。
制作は、来場者との会話を挟みながらゆっくりと進んでいきました。
その中で、観に来てくださったおじさんが言ってくれた言葉が印象的でした。
描かれた後のゴブリンは静的。そのゴブリンが描かれる過程の動的な部分も非常に面白いと。
そういった言葉も受けて、今回の時間内ではこの壁画は未完成のままとしました。
空間はまだ空いているので、今後もゆっくりと、ご来場いただいた方との関わりを元にゴブリンを描いていこうと思います。
ぜひご注文くださいね!
ゴブリン博士と来場者とで育てていく展覧会にしたいです。
常時開催していますガムテープゴブリンワークショップで生まれた作品も増えてきていますよー!
ゴブリンを観ると元気が出る、という言葉もいただきました。
そういった言葉から、僕も元気をもらいます!
展覧会はまだまだ前半。やりたいことが、まだまだあります。
がんばりまーす!

by konakadaichi | 2014-12-13 18:55 |  病院ゴブリン博士展 | Comments(0)
2014年 12月 09日
明日はライブペインティング
f0089854_16294737.jpg

明日12月10日(水)は、開催中の「病院ゴブリン博士展」関連イベントとして、筑波大学芸術系ギャラリー内にてライブペインティングを行います。
12時から18時までの開催となります。
マスキングテープをつかって、鑑賞者との関わりを反映させながら描いていきます。
展覧会の中での、ひとつの大切な時間となります。がんばります!
ご来場、お待ちしております。

by konakadaichi | 2014-12-09 16:29 |  病院ゴブリン博士展 | Comments(0)
2014年 12月 09日
常時ガムテープゴブリンワークショップを開催しています
f0089854_15554546.jpg
「病院ゴブリン博士展」では、常時ガムテープゴブリンワークショップを開催しています。
そこで、博士がデスクにいないときでも参加できるように説明書を作成しました。
これで大丈夫だね!
ご参加お待ちしております!!

by konakadaichi | 2014-12-09 15:56 |  病院ゴブリン博士展 | Comments(0)
2014年 12月 06日
「病院ゴブリン博士展」にてヒゲタッチ
f0089854_1155931.jpg

ただいま開催中の「病院ゴブリン博士展」、今日はおやすみの日ですが、会場に滞在しています。
というのも、ご家族が来てくれるとのご連絡を受けたから。
先ほどご来場され、お子さんや親御さんとゴブリントークをしました。
そして、その場で即興で制作したガムテープゴブリン(写真の作品)を子どもさん達にプレゼントしました。
最初は身構えてた子ども達も、お別れのときにはヒゲをさわってくれるほどの距離となりました。
やったね!ありがとう!

by konakadaichi | 2014-12-06 11:55 |  病院ゴブリン博士展 | Comments(0)
2014年 12月 05日
病院ゴブリン博士展の関連イベントとしてライブペイントを行います
f0089854_15453714.jpg
現在開催中の「病院ゴブリン博士展」ですが、展示の関連イベントとしてライブペイントを行います。
ギャラリー2階の白い壁面にマスキングテープで描いていきます。
実施日は、来週の水曜日(12月10日)、時間は12時から18時です。
よろしくお願いします!

by konakadaichi | 2014-12-05 15:59 |  病院ゴブリン博士展 | Comments(0)
2014年 12月 03日
『病院ゴブリン博士展—ケア×アートII』が始まりました
f0089854_11205992.jpg
この度、機会をいただき、昨日より筑波大学芸術系ギャラリー1階、2階にて、『病院ゴブリン博士展—ケア×アートII』という展覧会を開催しております。
主には、病院でのゴブリン制作活動の記録、またそれ以外のゴブリン制作活動の記録の展示になります。会期中には進行形で大きな壁画を仕上げていきます。また、現在展示されている写真に、その写真の活動に関するミニエピソードを徐々に添えていく予定です。会期が二ヶ月間と長いので、ゆっくりと育っていく展示にしていきます。ですので、最初の時期に来ていただいた方は中盤や後半にまた観に来ると経過が見えてより面白いかと思います。
会場には博士のデスクとワークショップスペースを用意しています。居れるときにはそのデスクで仕事を行います。ワークショップスペースでは、随時ゴブリンワークショップを行うことができます。出会えたら、是非一緒につくりましょう。展示の解説もいたします。この文面を書いている今も、通りかかった人との会話がありました。学系棟のバス停側、エントランスに位置したギャラリーなので、人通りが多そうです。2009年に行った病院の中での滞在制作を思い出します。今回は、それの大学バージョンだとも考えられます。
こうした個展のかたちでの展覧会は初となります。滞在形ではありつつも、展示がメインです。ワークショップ等とはまた違った緊張感を感じています。これからの二ヶ月間、何が起こるかとても楽しみです。
ご注意いただきたいことは、土日祝日が休館日だということです。もしその間に観に来たい方がいらっしゃいましたら、メール等でご連絡ください。可能であればご案内いたします。
これまでつくることに走ってきましたが、最近はそれらの活動を知ってもらうことの大切さを考えています。そんなタイミングで、本当にいい機会をいただけたと思っています。たくさんの人に観ていただたら嬉しいです。ご来場、お待ちしております。

以下展示の説明文と詳細情報になります。
(チラシ紙面に、ゴブリンの小さないたずらを発見してしまいました!お気づきになった方は、どうか温かい目で見ていただけたらと思います!)

・・・・・・・・・・

森羅万象に宿る妖精「ゴブリン」を提唱し、さまざまな地域で他者との関係性を構築しながら作品を制作する“ゴブリン博士”。ゴブリン博士こと小中大地は、大学3年時に初めてゴブリンを用いた作品「ガッコーゴブリン」(2005年)を制作しました。展示期間中、子どもたちから“ゴブリン博士”と呼ばれます。以来、国内外で物のみならず、山、人、空などからさまざまなゴブリンを産んできました。そのうち病院での活動を行うきっかけになったのは院内で2カ月間の滞在制作を行った「ゴブリン博士の病院ゴブリン」(2009年)でした。現在も小児病棟にて週に1度のワークショップを続けています。
 小中の活動は「ゴブリン」という親しみやすい媒介によって他者を引き寄せ、あらゆる物や場の魅力を引き出します。また病院で生まれたワークショップはどれも患者を起点に考え、単純な作業によって参加者の創造性を促すものです。こうしたワークショップで得られた達成感は、さまざまな人にとって生きる活力へとつながるのではないでしょうか。
 本展は、これまでのゴブリン博士の活動を一望するとともに、国内外の病院での活動を主軸とした作品を紹介いたします。会場にはゴブリン博士のデスクも設け、小中本人が時折滞在し、小児科の子どもたちと行っているワークショップも常時体験できます。

・・・・・・・・・・

『病院ゴブリン博士展—ケア×アートII』

会期=2014年12月2日(火)〜2015年1月30日(金)
会場=筑波大学芸術系ギャラリー
時間=9:00-19:00
休館日=土曜、日曜、祝日、12月23日(火)、12月27日(土)〜1月4日(日)、1月12日(月)
※休館日にご来場になられたい方は、
konakadaichi@gmail.com
までご連絡ください。可能であればご案内いたします。
主催:筑波大学芸術系社会貢献推進室、筑波大学芸術系齊藤泰嘉研究室
協力:病院のアートを育てる会議、筑波大学附属病院、筑波メディカルセンター病院
助成:文化庁 平成26年度大学を活用した文化芸術推進事業

by konakadaichi | 2014-12-03 11:14 |  病院ゴブリン博士展 | Comments(0)