2017年 12月 31日
小児病棟にて「かがみもちゴブリン」づくり(12/28、筑波大学附属病院)
f0089854_12011628.jpg

お正月、入院している子ども達のベッドサイドに居ればいいなと思い「かがみもちゴブリン」づくりを実施しました。(12/28、筑波大学附属病院 小児病棟)
 
数年前にワークショップに参加してくれた子との嬉しい再会もありました。制作中も様々な質問を受けました。
 
帰りがけ、入院が続いていた子のお母さんより、複数のワークショップを通して、子どものできることが増えていく様子を見ることができたと、嬉しい声をいただきました。
 
(写真は、別の場所で見つけた本物と一緒に。)


[PR]

# by konakadaichi | 2017-12-31 11:55 | Comments(0)
2017年 12月 23日
2大学の授業内で、制作活動について発表しました(12/6、12/19)

f0089854_19510040.jpg

先週(12/6)は筑波大学の授業内で、今週(12/19)は日本大学大学院の授業内で、これまでの制作活動についての発表を行いました。

2003年頃から現在を、制作スタイルの変化や、立場や社会背景の変化、感動や喜びに苦しかったことも含めてお話ししました。
そして授業の最後には、ミニ気持ちゴブリンワークショップを実施して制作体験もしてもらいました。
150名以上の受講者となった筑波大学の授業では、受講者の作品が集合した大きなハート型ができました。動きのあるかたちに感じます。
一方、日本大学の受講者は少人数。留学生が多かったので、作品にはその雰囲気が現れているのかな。
記入していただきた感想からは、気づきやパワーをいただくことができました!

どちらの時間も、とても貴重な経験となりました!

筑波大学授業:写真1~6番目
日本大学授業:写真7~9番目

f0089854_19420443.jpg
f0089854_19355422.jpg
f0089854_19362306.jpg
f0089854_19370137.jpg
f0089854_19350630.jpg
f0089854_19351442.jpg
f0089854_19352545.jpg
f0089854_19370830.jpg


[PR]

# by konakadaichi | 2017-12-23 19:54 | Comments(0)
2017年 12月 22日
先週に続き「ツリーゴブリン」づくり(12/21、筑波大学附属病院)
f0089854_21300891.jpg

昨日(12/21)は、先週に続き、病院に入院している子ども達や保護者の方々と一緒に「ツリーゴブリン」づくりを実施しました。


最初は恥ずかしそうにしている子も、手を動かすにつれて、声が出たり、もっと描き足したくなっていくというような変化を見ることができました。

サンタさんも見守ってくれている中で。

[PR]

# by konakadaichi | 2017-12-22 21:19 | Comments(0)
2017年 12月 17日
北条地区子ども会のクリスマス会に行ってきました(12/17)

f0089854_19042905.jpg
つくば市の北条地区、子ども会のクリスマス会に行ってきました(12/17)。
ランチを皆さまと一緒に食べ、ビンゴゲームでは司会者をしましたよ。

そこに居た6年生の男子達は、2012年の竜巻災害時に「竜の子ゴブリン」を制作したときには1年生だったそうです。聞いたら、少し覚えてるって。

昨年、全校生徒が参加した「思い出ゴブリン」づくりから一年が経ち、今年度でいよいよ北条小学校も本当に閉校を迎えるそうです。

*「思い出ゴブリン」づくりについて、昨年つくばスタイルブログに掲載していただいた記事
http://www.tsukuba-style.jp/blog/2016/10/17415.html


[PR]

# by konakadaichi | 2017-12-17 19:10 | Comments(0)
2017年 12月 14日
小児病棟にて「ツリーゴブリン」づくり(12/14、筑波大学附属病院)
f0089854_19412010.jpg

小児病棟に入院している子ども達や保護者の皆さまと「ツリーゴブリン」をつくりました(12/14、筑波大学附属病院)。

ツリーにツリーが飾られたり、点滴台に飾られたり。
院内に、クリスマスを彩る仲間が増えましたよ。
[PR]

# by konakadaichi | 2017-12-14 19:39 | Comments(0)
2017年 12月 07日
小児病棟にて「ホールゴブリン」づくりを実施(12/7、筑波大学附属病院)
f0089854_20472049.jpg

筑波大学附属病院小児病棟にて、入院している子ども達と「ホールゴブリン」づくりを実施しました(12/7)。
中央に切れ込みを入れておいた紙に、自分でびりびりと穴をあけ、表現してもらうという流れを想定。
ですが最初の穴あけがむずかしくて、取っかかりが大変そうでした。
(最初の行程は大切。開けておいたものも用意しておけばよかったかなと反省。)
ですが保護者さんや保育士さんの協力もあり、それぞれなんとか成立させることができました。
やり方を改善して、またチャレンジしてみたいです。


[PR]

# by konakadaichi | 2017-12-07 20:50 | Comments(0)
2017年 12月 02日
千葉県「ふわりの森」のアートカフェに作品を導入してきました(11/17)

f0089854_22230682.jpg
先月の中旬(11/17)に、成田空港圏での現代アートプロジェクト「ふわりの森」のカフェ「artcafe TOAST AND HONEY」の店内外に、作品を残してきました。
店外の古いテーブルや、瓦片、ポンプ設備などに、その場で直接描き、ゴブリン作品に見立てました。
カフェ従業員方々や、サポートしてくだっている地域住民の方々との交流を持ちながらの作業となりました。
またこの12月からしばらくの間、店内では実験的に小ゴブリン作品(鉛筆ゴブリン、ビー玉ゴブリン)の販売も行います。
 
設置後は、いつも通る高校生達もゴブリン探しに参加してくれたとのことです。
 
この地でアーティスト活動を実施したのは、2014年度の酒直小学校での活動以来、2年半以上ぶりです。
久々でしたが、現場に来て場を感じることができてよかったです。
また、ディレクターのシムラさんと、この場でお話しができてよかったです。
 
*****
そして明日(12/3_日曜)は、同エリア内の施設「ARTSTAY maison FUWARI」にて、3周年のイベント「ALIVE CITY」が実施されます。
午後には、アーツ千代田3331統括ディレクターの中村政人氏と、ふわりの森プロジェクトディレクターのシムラユウスケ氏によるアーティストトークが行われます。
4番目の画像はイベントのポスターです。
詳細は下記urlリンク先(公式web)よりご確認ください。
http://www.fuwarinomoriart.jp/post/167267022932/
f0089854_22224626.jpg
f0089854_22294475.jpg
f0089854_22263675.jpg


[PR]

# by konakadaichi | 2017-12-02 22:31 | Comments(0)
2017年 11月 28日
(ミニ)気持ちゴブリンワークショップを実施(11/28、筑波メディカルセンター病院)

f0089854_21050394.jpg
本日(11/28)、筑波メディカルセンター病院にて急遽、(ミニ)気持ちゴブリンワークショップを実施。
滞在時間は一時間ほど。場にわずかでも力を加えられることを願って。展示は12月まで続くので。

勇気を出して声をかけたところ、一組のご家族に参加していただけました。
以前から、隅から隅まで「気持ちカード」を読み切るくらい、しっかり鑑賞していただいていたそう。
つくりながら、出会えた偶然を喜び合うことができました。
今日のこの一時間も、忘れたくありません。

f0089854_21095634.jpg
f0089854_21041927.jpg
f0089854_21043897.jpg


[PR]

# by konakadaichi | 2017-11-28 21:17 | Comments(0)
2017年 11月 22日
企画展「オソレイズム」の記録集が現地にて販売中です

f0089854_19024325.jpg

福島県の猪苗代町にある、はじまりの美術館で開催された企画展「オソレイズム」に参加したのは、昨年(2016年)の夏から秋にかけて。
そして今年、展覧会の記録集が完成し、美術館内でも販売されているそうです。(1冊 500円)
出展作品の写真や情報が詰まった一冊です。

・・・・・

幼いときから、僕は確かにオソレ(畏れ、恐れ、怖れ…)てきたが、そのオソレは、現在、制作や思考に向き合う日々への前提なのかもしれない。

(建物の)はじまりゴブリンは、磐梯山を見つめています。
記録集の最終ページ、大内郁さん(アーツカウンシル新潟)からの言葉の中には、そのはじまりゴブリンの外界へのまなざしにも触れながら「「オソレ」とは、私はかくも小さな存在であると思わせてくれる何かである。」とありました。
おそらく僕はこれからも、オソレながらも、自分の小ささに幾度も直面しながらも、時間の中で物質や自然や他者の気持ちと対峙しながら、やっていくのだと思います。
[PR]

# by konakadaichi | 2017-11-22 19:08 | Comments(0)